teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/355 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

◇宇宙川柳・手前の太道<18年6月号>

 投稿者:東 直彦  投稿日:2018年 6月13日(水)14時30分40秒
  通報
  9回生B組で建築家、声楽家の東直彦です。本業で苦戦しているくせに川柳の家元もやって います。お楽しみ下さい。

句の世界「奥の細道」をも包摂した
広大で自由な川柳宇宙を築こうと思い、「手前の太道
(ふとみち)」としています。
◇宇宙川柳・手前の太道<18年6月号>【家元東柳】
AIが合体ロボしてロボ子っ子
一人じゃないから頑張れるの歌ばかり
俺の屁か他人の屁なのかやや不明
よその孫貝見せに来る潮干狩り
醜男は鏡よ鏡やはりボク?
居るのなら直にどうにかしたら神
話し合い始まる前に女勝ち
はすの咲く国のうつろに安倍麻生
車中にて力士がスマホちっちゃいな
世の犬は人に預けた俺の犬
★おまけの戯れ句、狂句、破礼句
インスタ蝿お天道様に焼き焦げろ
糞真面目検便実直唐変木
I R法IらんReゾートやめときな
次世代型美人とは今珍奇
老妻に二度拭きなさいとしかられる
★今月のリメールコーナー (遠藤智様より)
「セクハラ罪無いと突っ張るチビカポネ」(家元5月号)
無学で鳴らした男ですが、このごろは謙虚さもなくなりました。
威圧感ゼロで、Al Capone が聞いたら怒るでしょう。Gangster
にもみえません。せいぜいそれに扮した喜劇役者ですね。
★川柳名句コーナーその13 <18年6月号>
「道頓堀の雨に別れて以来なり」岸本水府(1892~1965)
「番傘」を育て人間風詠の川柳作家として一家を為した。
この秀句は川柳しか持てないドラマ性を有し、読む者のイメージを
喚起する。他に「電柱は都につづくなつかしさ」「ぬぎすててうちが
一番よいという」等がある。
★ありどおろコンサートのお知らせ
6/29(金)18:00~の日暮里サニーホールのオペラ「道化師」後
カンツォーネを3曲歌います。ブラボーを言って下さる方は
御招待、拍手をいただける方は1,000円、その他の方は3,000円
です。御連絡をいただければチケットを郵送します。
★くどう式発声講座のお知らせ
6/30(土)18:30~の日暮里サニーホールの中盤にオペラの
アリアとロッシーニの歌曲を歌います。拍手をいただける方は
御招待しますので、御連絡いただければチケットを郵送します。
 
 
》記事一覧表示

新着順:4/355 《前のページ | 次のページ》
/355