teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


しのぶ日記

 投稿者:大塚 枝伸  投稿日:2017年10月21日(土)21時26分32秒
   この秋一番の冷え込みとなった19日、二所ノ関親方(元大関・若嶋津)が意識不明
で道路に倒れていたことをニュースで知りました。脳梗塞かもしれないといわれている
みたいです。
 人ごとではないので、さっそく「脳梗塞や脳出血など、8割の早期発見につながる」
という3つのチェック法を試してみました。
  ①笑顔でイーと言ったとき、左右の顔が歪まない。
  ②腕をまっすぐ平行にあげていられる。
  ③「らりるれろ」を3回言える。
 簡単なチェック法なので、自分はもとより、ご老人と同居されている方はぜひ試して
あげてください。
 私の場合、早朝の動悸、不整脈。それに左肩甲骨痛に悩まされていますが、①②③の
チェックでは異常ありませんでした。


「茄子といえば」

 露地ものの茄子がそろそろ姿を消します。近所の農家から6本100円で譲ってもら
っていました。
 茄子はとても便利な野菜です。我が家では毎日2~3本を消費しています。味噌汁の
具はもちろん、ピーマン・挽き肉・厚揚げとの煮物、麻婆茄子にも使いました。
 先日お邪魔したお宅では茄子グラタンをいただき、小茄子の辛子漬けで熱燗をやりま
した。外食では茄子天そばもありました。
 茄子を積極的に食べていたのは、茄子の成分が眼精疲労に効くとの情報を寄せてもら
ったからもありました。のぼせ、高血圧にも良いとのことです。
 これからはハウス物が出回ってきます。味は落ちてしまいますが、眼精疲労回復に寄
与してもらえるよう、しっかり食べていくつもりでいます。

 茄子はインド原産で奈良時代に中国を経由して渡ってきたそうです。今では種類も豊
富で、私たちには馴染みのある中なすの他にも、小なす、丸なす、アメリカ産のずんぐ
りした米なす、関西から九州にかけてよく食べられている長なす、卵型なす、水なすな
どがあります。
 茄子は夏野菜のため冷たいところに弱いので、新聞紙にくるんで野菜室で保存。早め
に食べています。

 茄子といえば、芥川作家の滝口悠生(たきぐち・ゆうしょう)さんの新刊『茄子の輝
き(新潮社)』は、表紙を飾る茄子が実に鮮やかで、額に入れて飾りたいくらいの輝き
に満ちていました。古釘を入れたぬか床で、美し色になったあの茄子の光沢です。
 『茄子の輝き』 は連作短編集で、20代で経験した離婚のショックから立ち直りかけ
る男の10年ほどを綴った話で構成されています。6つ(だぶん)の各章は、別れた妻、
震災後の不安、想い出の場所、同僚との会話、職場で意識している女性への愛しさなど
を入口にして、今も熱を発し続ける過去の記憶をたぐり寄せる話になっています。
 読んでいて感じるのは、記憶とはそのまま事実が記録されていることではなく、思い
出す回数が多ければ多いほど演出され、加工され、美しくも醜くもなるということでし
た。

 茄子といえば、茄子にはたくさんの「ことわざ」があります。

 ・親の意見と茄子の花は千に一つも仇はない ・瓜の蔓に茄子はならぬ
 ・秋茄子は嫁に食わすな ・一富士二鷹三茄子

 「秋茄子は嫁に食わすな」は、おいしい秋の茄子は、もったいないから嫁には食べさ
せるなという姑の嫁いびりの言葉と、茄子は体を冷やす、あるいは種が少ないので子供
ができないといけないから嫁には食べさせるなという、嫁を大切に思う2つの解釈があ
ります。
 どちらなのかなと考えていましたら、同じ意味(類義)のことわざに、「秋かますは
嫁に食わすな」「秋鯖嫁に食わすな」があって、これは美味しい旬のものを嫁に与える
ことを惜しんでいると解釈できますので、嫁いびり説を私はとることにします。
 「一富士二鷹三茄子」もおもしろいことわざです。三つだけでなく、四扇五煙草六座
頭(しせんごたばころくざとう)と続きます。末広がりの扇は逆さにすれば富士山の形
になりますし、煙草は鷹のように空にのぼっていきます。
 六の座頭というのは、琵琶法師のように剃髪した盲人のことを意味します。そのため
「怪我ない(毛がない)」。
 お後がよろしいようで。


「角打ち(かくうち)」

 角打ちとは酒屋で買った酒を酒屋の店頭か店中で呑むことです。日本酒党ですと、カ
ップ酒やお店の一升瓶から一合ずつ分けてもらって呑みます。
 酒屋はお客への料理提供を禁じられているため、おつまみは店内の缶詰、乾きもの、
チーズなどをお客が自由に選びます。
 角打ちは「立ち呑み」という地域があるように、店内でおつまみを見つけ歩いて呑ん
でいる人がいたり、仲間とひとかたまりになって呑んでいだり、店の隅で一人黙々と呑
む者がいたり、レジの前で店主と雑談を交わしながら呑む人がいたり、立っての飲み方
にもいろんなスタイルがあります。
 私が角打ちに魅せられるのは、日本酒に囲まれていることと、カラオケもなくまぶし
いライトも無いこと、マイペースで呑めること、それになによりも懐具合と相談して呑
めることとです。

 かつてはほとんどの酒屋が角打ちをやっていました。町の男たちとの交流の場でもあ
りましたから、夕方の酒屋の前には今の有名塾のように自転車がずらりと並びました。
 高校時代の私は、学生服の詰め襟と第2ボタンまでを内側に折りこみ、ブレザーめい
たものにして入店すると、一応筋を通したということで、客も店主も咎めることなく迎
えてくれました。200円で80円の酒を2杯。魚肉ソーセージで呑みました。

 今は地元はもちろん、埼玉や東京に出かけても、角打ちの酒屋に寄る機会が少なくな
りました。というのも通ったことのある熊谷、大宮、浦和の角打ちの店は居酒屋になっ
ていました。
 東京では四谷の「鈴傳」さんの角打ちに、20年ほど前から数回通った記憶があるの
ですが、先日この店を訪ねた知人からは、美味しくて廉価なおつまみを提供してくれる
店だったと伝えられました。もしかしたら私が寄ったときもそういうシステムだったの
かわかりません。なにしろ鈴傳さんで初めて「獺祭(だっさい)」を呑み、こんな美味
しい酒が山口県にあったのかと驚いた印象が強く、肝心の角打ちの様子は覚えていませ
ん。
 最近の私が角打ちの店をあえて探さなくなったのは、立って呑むよりも座って呑んだ
ほうが楽に思えてきたからなのでしょう。また、角打ちに付きあってくれる人がいても、
あまり酒を呑まない人は乾き物や缶詰だけでは暇をもてあましてしまうからです。
 それでも谷中銀座に行きますと、「越後屋本店」、「大島酒店」、「中村屋丸康酒店
(日曜定休)」などに寄って熱燗を飲んでいました。

 先ほど調べ物を頼んでおいた友人から情報が入り、川口の「新井商店」さんと、川越
の「伊勢源」さんがまだ昔ながらの角打ちをしているとのことです。
 となると日曜にでも川口、川越、あるいは谷中に出かけてみたくなります。というの
も知人夫妻が孫のサッカー応援で北区の運動場へ明日出かける予定でしたが、台風のた
め試合が次週か11月5日の日曜に順延されたとのことで、運が良ければ大宮か赤羽あた
りまで同乗させてもらえるのです。
 200円持って、というわけにはいきませんが、角打ちならば庶民価格でほろ酔い気
分が満喫できます。たまりません。


「書き込み2つ」

「300万円の使い方は僕は世界一周旅行にします。(中略)枝伸さんの300万円リストを
読んだ人から、どんなプレゼントが届きましたか。(中略)
質問は、紅葉した落ち葉を見つけに行くと書いてありましたので、私達の年代は葉っぱ
で言うと枯れ葉ですから、それについてどう思われますか?」

 私と同年代にもかかわらず、世界一周の旅に出たいという気力はすごいことです。私
は乗り物に連続して3時間以上は乗っていたくないので、海外への旅はできそうもあり
ません。
 かつては会社の仕事として飛行8時間を超える旅にしばしば出かけていました。出張
手当をいかに使わずにポケットマネーにするか、というゲームめいた旅でもありました
から、ひと月ほどの海外出張が楽しくて仕方ありませんでした。
 ホテル・生活費の予算60万円を3分の1ほどの支出にして、残りはアフターファイ
ブに使ったり、服やネクタイの購入費にあてました。オーストラリアでは競馬資金にも
なりました。不良社員でしたが予算内であれば領収書の必要もないという、アバウトな
会社だからの出張でした。

 「300万円リストを読んだ人からプレゼント」などあるはずもなく、相変わらずヨレ
ヨレの秋物を着て、晩秋の風を受けては背中を丸めた暮らしをしています。

 「落ち葉」の話ですか。
 先週、夜10時からBS『日経プラス10』で、「シリーズ人生100年時代 ぬれ
落ち葉にはならない」をやっていました。定年後に永く続く「老後」を誰とどう過ごす
か、仕事を辞めても行く場所はあるか、損得抜きで付き合える友人はいるかなど、私た
ちの世代には生活資金と並行して問題が山積しています。これは現在の中年世代も他人
事ではないそうで、子どもたちと別々に暮らし始めれば直面する問題となります。
 パートナーがいない一人暮らしの自活力も話題となりました。それを含めて人生10
0年時代はいかに深刻な問題をはらんでいるか、それはメインキャスターの小谷真生子
さんの眉間の皺が深く刻まれていたことでも敏感に読み取れました。

 季節が流れ作業のように春夏秋冬に変化しているように、人生の春と夏を過ごした人
間には、晩秋から厳冬期があってしかるべきです。せいぜい足腰が弱り、目がしょぼつ
き、耳が遠くならない「落ち葉」でいたいものです。病葉(わくらば)にはならないで
いたいと思うのは、入院90日ルールがあることを知っているからです。
 国の医療費負担を削減のため、90日を限度にして医療設備の整っている病院にはい
られなくなり、診療所などへのたらい回しが始まります。
 私は伯母の長期入院で厳しい思いを経験してきました。壁にシミの付いた病室で邪魔
者扱いされていた伯母の姿が忘れられません。それが自分事になる可能性があるのです。

 紅葉狩りの季節がやってきています。芸術品のような落ち葉もあれば、命の限りを使
い果たしたという色の落ち葉もあります。どちらも美しいと思います。でも人の老いは
落ち葉のようには見られません。

 ネガティブなことばかり考えていても落ち込むので、イヴ・モンタンが唄ったシャン
ソン、『枯葉』でもと聴いてみました。
 「Oh! je voudrais tant que tu te souviennes……」。CDの日本語訳を読んで、
やはり暗い気持ちになりました。

    ♪君、思い出しておくれ
     ぼくたちが恋人だったしあわせな日々を
     あのころは毎日が美しく過ぎ 太陽の光も今より輝いていた

     枯葉が風で吹きだまってたのを ぼくは覚えているよ
     枯葉が風に吹かれて舞ってた 思い出も そして後悔も

     北風が吹きすさぶ 忘却の冷たい夜に
     ぼくは忘れはしない 君の歌ったシャンソン

 もう1つの書き込みは、今日のものです。
「枝伸さんが渋谷にいけなかった日のブログで、東京の友達と別れるとき、新幹線改札
口で楽しく手を振り合う話に感激しました。(中略)
僕の場合は友達でないため、遠距離恋愛になってしまった彼女との別れが辛いです。別
れ際、新幹線ホームで『また会いに来るから』と言いながら、二人して胸がつまってし
まい、枝伸さんと友達のように手を振ることなんてできません。離れたくないのに離れ
るとき、泣かない方法がありますか。駅のホームでなくても彼女は泣いちゃいます...
教えて下さい。」

 心と体に愛し合ったという達成感が満ち足りていれば、別れがさみしくでもしっかり
手を振れると思います。次に会ったときはもっと、心と体で達成感を感じあえる二人に
なってください。愛し合うって、達成感を雪だるま式に大きくおおきく膨らませていく
ことです。
 相手の女性へのアドバイスは、とにかく積極的に行動できる人になってくださいとい
うことです。男はそれがなによりのエネルギーになることを話してあげてください。


「私事ですが」

◆西洋の名画に影響を与えた北斎の浮世絵の数々と、北斎の影響を受けたゴッホ、ゴー
ガン、ピサロ、モネ、ドガ、セザンヌ、スーラ、ボナール等の西洋画が集合する『北斎
とジャポニスム』。今日から上野・国立西洋美術館にて始まりました。
 とりわけ関心のあるのが、細かい点々で構築されてる点描画のスーラが、北斎の「お
しをくりはとうつうせんのづ」に影響されて描いたといわれる「とがったオック岬、グ
ランカン」です。
 新印象派が好きな私としては見逃せない作品で、この作品さえ観ればあとの作品は流
して観ても満足というもの。と思っていても、ゴッホ、ゴーガン、ピサロ、モネ、ドガ、
セザンヌ、ボナールが魅力たっぷりに私を狙い撃ちしてくれるはず。
 アメリカ『ライフ』誌の「この1000年間に偉大な業績をあげた世界の人物100
人」で、日本人で一人だけ北斎が選ばれているのですから、北斎は日本以上に海外での
評価が高く、先に挙げた画家たちだけでなく、作曲家・ドビュッシーは仕事場に北斎の
作品を掲げて交響曲『交響詩海』を完成させ、ロダンの弟子の彫刻家カミーユは北斎の
影響を受けての彫刻『波』を制作しています。

 今年、私の美術鑑賞は1月9日に「すみだ北斎美術館」を訪れてスタートしただけに、
北斎で年を締められたら、なんてハッピーなことでしょう。

◆最近キャンディを口にするようになりました。数年前、濃いミルクと4つのフルーツ
が溶け合ったカンロの『ミルフルッツ』をなめてからキャンディの美味しさにはまりま
した。
 残念ながら『ミルフルッツ』は発売中止になりましたので、それからは出来るだけミ
ルク味の濃いものやコーヒー味のものを選んでなめています。
 キャンディを舐めたくなるのが空腹のときや、食後のため、何かわけ有りなのか調べ
てみました。すると面白い説と出会いました。「老化による脳の勘違い説」というもの
です。
 老化で胃腸が弱ってくると、消化が遅くなり体内にすばやく吸収されないため、脳が
まだ食事をしていないと錯覚して、すぐにエネルギーに変わるブドウ糖を求めるのだそ
うです。 ブドウ糖の代表といえば砂糖ですから、その塊のようなキャンディを私は思
いつく、というものでした。
 もう一つ、「砂糖は体を冷やすため説」もありました。砂糖には体を冷やす働きがあ
るため、熱いものを食べたときには、体のバランスをとるため甘いものが食べたくなる
というものです。
 私も食後にキャンディを舐めていますので異論はないといいたいところですが、私の
場合は熱い食事が大半で、冷たい食事をしたときはどうなのか比較できないのです。
 行きつけの定食屋さんではコーヒーのセルフサービスプをしているのですが、食事を
終えたおばさま族が、ガムシロップの瓶をテーブルに持ち込み、話し込んではコーヒー
のお代わりに立っていますから、まんざら見当違いの説ではないみたいです。

◆作詞を2編頼まれています。
 困ったことに一編は「好きな女性から別れを告げられた男の、未練をテーマにした歌」
という依頼なのです。
 10代から幾つかの恋をしてきたわけですから、その恋に終止符を打つとき、未練は
いかなるときにもあったのでしょう。
 しかしいつの間にか「相手が必死に考えて出した結論だから仕方ない」と思うように
なり、別れ話を否定することなく、まして別れないよう懇願もするはずもなく、私から
連絡することもありませんでした。と書いてみたものの、そんな別れなど一度もなかっ
たような気もしています。
 そうです、そうです、元妻さんとの別れがあった事を忘れていました。別居を言い出
したのは元妻さんで、それもテーブルに置かれたメモでの宣言でした。
 その日、元妻さんが車に乗り込む前、玄関で「おたがい元気でいような」と言って見
送った私。
 「殺されるかと思った」という元妻さん。「殺す理由などないじゃん」と言った私に、
「殺しても良かったのに」と、哀しそうな表情の元妻さん。
 このとき改めて二人は夫婦だったのだなと意識しましたが、遅すぎました。しかしそ
れでも未練は感じませんでした。何年か後に元妻さんの移り住んだ市役所から、離婚届
けが受理されたとの知らせを受けたときも同じでした。

 今、私に大切な人がいたとして、別れを宣告されたとしても、未練心は起きないと思
っています。それは「相手が必死に考えて出した結論だから仕方ない」ということでは
なく、相手を尊敬していますし、これ以上素晴らしい人物はいないと思っているから、
未練よりも、今までそばにいてくれた感謝の気持ちで埋め尽くされると思うからです。

 ところで未練の作詞。

    ♪自分の弱さ ごまかすための 酒が喉へと落ちていく

 まだこの一行だけしか考えつきません。


  :.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*


・明日は新潟も釣りなどできない状態だと思うのですが、先ほどまで3人の釣りキチた
ちが高速に乗るため我が家で時間調整をしていました。
 これから焼肉を食べて新潟に向かうとのことで、一緒に食べに行かないかと誘われま
した。私がずっと左の肩甲骨の下が痛いし、みぞおちも痛むと伝えパスしたところ、一
人が「それはすい臓が悪いから」と言い、一人は「親父がそう言ってた次の朝に心筋梗
塞になった」と真剣な目つきで言います。そしてバッグの中から「気付け薬だ」と言っ
て『ワンカップ大関』を手渡してくれました。
 その気付け薬より、脳梗塞の3つのチェック法のような「心筋梗塞をチェック法」を
知りたいものです。

・『北斎とジャポニスム』のことを書きました。実はもう1つ上野では関心の高い企画
展が開催されているのです。特別展『古代アンデス文明展』も今日から国立科学博物館
で始まりました。
 紀元前1000年頃から紀元後16世紀初めまでに、南米大陸のアンデス山脈の高地
やその周辺部に生まれた、幾つかの文化を総称してアンデス文明といいます。ナスカの
地上絵や、マチュピチュなど広範囲を統治したインカ帝国などが特に有名です。
 文明の遺跡から頭蓋骨に穴を開けたミイラが多数見つかっていることから、脳外科手
術が行われていたという高度な文明であったこともわかっています。
 私はやはり国立科学博物館で開催された1994年秋の「黄金の都 シカン発掘展」を
皮切りに、「黄金王国モチェ発掘展」(1999年)、「世界遺産ナスカ展」(200
6年)を見てきました。残念ながらこの10年以内に開催された「シカン展」と「イン
カ帝国展」は見ていないので、今回はぜひ!

・金曜日に期日前投票に行ってきました。
 私は群馬1区です。自民党候補が優勢のようです。各社世論調査で苦戦が予想される
希望の党は群馬2区では善戦しています。反対に都会では予想以上の苦戦を強いられて
いるみたいです。
 私が東京に住んでいたときの東京10区は、今は小池代表の地盤になっています。そ
れなのに希望の党を立ち上げた一人でもある若狭勝さんが落選しそうです。
 東京7区では、小池百合子代表の腹心で地域政党「都民ファーストの会」の荒木千陽
代表の父親が刺客として送り込まれたましたが、こちらも当選圏内から大きく離れてい
ます。
 5区の福田峰之さんは自民党に離党届を出して希望の党に移りました。勝ち馬に乗る
つもりで離党したのですが、立憲民主党に夢を砕かれるみたいです。


 午後9時30分になります。前橋は雨が降り続いています。街路灯の反射する水たま
りがどんどん大きくなっていきます。明日、投票に行かれる方は、くれぐれも雨風にご
注意ください。
 
 

午後シフトです

 投稿者:michibon-    投稿日:2017年10月21日(土)11時30分20秒
  ハッシーさんのスタッフの道谷です。
トップページのヤフーメール利用で、何回もアドバイスをありがとうございました。

枝伸さんが渋谷にいけなかった日のブログで、
東京の友達と別れるとき、新幹線改札口で楽しく手を振り合う話に感激しました。

僕の場合は友達でないため、遠距離恋愛になってしまった彼女との別れが辛いです。
このまま仕事をやめて、別れを止めたいのが正直な気持ちです。

前の別れのときは、新幹線のホームで遠距離らしいカップルが
別れ際に抱き合ってるのを見たとき、そのようなことのできない自分が恥ずかしいように思いました。

別れ際、新幹線ホームで「また会いに来るから」と言いながら、
二人して胸がつまってしまい、枝伸さんと友達のように手を振ることなんてできません。

離れたくないのに離れるとき、泣かない方法がありますか。
駅のホームでなくても彼女は泣いちゃいます... 教えて下さい。




 

落ち葉の話

 投稿者:ボナンザ   投稿日:2017年10月19日(木)13時42分53秒
  まとめ読みしました。
相変わらず才能にあふれた面白いブログです。

300万円の使い方は僕は世界一周旅行にします。
エコノミークラスでなら200万で1年間(365日)で周れるので、
途中にビジネスを使ったり、有名ホテルにも泊まれます。
海外旅行保険・予防注射を入れて300万円の予算になりました。

枝伸さんの300万円リストを読んだ人から、どんなプレゼントが届きましたか。
いつも「楽しく見てますよ! 応援しています!」というような書き込みをしてた
持参金数億円の噂があった人から、どんなプレゼントされましたか?

しかし枝伸さんは操の人で、ずっと思ってる人主義みたいだから、
期待しているような答えにならないと思うので、質問ではありません。
枝伸さんが港で待っていた人からのプレゼントがどんなものだったのかも、
興味はありますが質問ではありません。


質問は、紅葉した落ち葉を見つけに行くと書いてありましたので、
私達の年代は葉っぱで言うと枯れ葉ですから、それについてどう思われますか?

枝伸さんらしい展開の話を楽しみにしてます。


 
 

しのぶ日記

 投稿者:大塚 枝伸  投稿日:2017年10月14日(土)17時41分45秒
   秋雨が降っています。コスモスを揺らし、稲波を輝かせます。水路に群生していたガ
マの穂はすでにしぼんでいますが、残された茎が水路のしぶきに煽られ、カチカチとぶ
つかりあっていました。
 田舎はちょっと歩き出しただけで、声を持たないものたちの語らいを聞くことができ
ます。今日も透明の合羽で40分ほど歩いてきました。


 今日の日記は「書き込み」や「メールリクエスト・質問」にできるだけ多く応えてみ
たいと思っています。


「伝法院と徳川家斉」

「江戸時代が好きとのことですが、江戸時代のどんな頃が好きですか。」と「なぜ水子
供養に浅草までいくのですか。」という2つの質問には、このコラム1つで答えられる
ことが出来ます。

 江戸時代で、きちんとした町人生活や、いろんな地域のことが正しく伝わるようにな
ったのは化政文化が花開いた11代将軍・徳川家斉の頃からです。ですから江戸時代の
このあたりから興味がふくれあがります。
 化政文化では私の仕事である「塾」の原型でもある「寺子屋」が生まれ、町人に読み、書
き、そろばんを教えだした時代でもあります。「東海道中膝栗毛」の十返舎一九。滝沢馬琴
の「南総里見八犬伝」。俳句の小林一茶と与謝蕪村。絵画では喜多川歌麿の美人画。葛飾
北斎の「富嶽三十六景」。歌川広重の「東海道五十三次」などが後生に名を残すことになった
文化でした。
 またこの時代には外食産業の寿司、天ぷら、そば等の屋台店が、やがて店を構えての
商いとなり、鰻屋、小料理屋、居酒屋も繁盛していました。そのときの人気番付が今も
残っていて、鰻屋の駒形「前川」のように今も現存しているお店があります。
 時代劇もこのあたりから時代考証が正確にできるようになったので、この時代からの
作品が多数作られています。
 江戸文化が華開いたこの時代、徳川家斉は15歳の若さで将軍になると、世継ぎ作り
に精を出し40人の側室との間に、50人以上の子どもを作ります。子作りのためオッ
トセイの睾丸粉末を飲んでいたことから、「オットセイ将軍」と呼ばれています。
 家斉の21女である溶姫を迎えた加賀藩の上屋敷には朱塗りの御殿門が建てられまし
た。現在の東京大学赤門です。
 この徳川家斉と、私がなぜ水子供養に浅草までいくのですか、には関係があります。
それは後に書きます。

 水子供養は水子になった子を思い出したとき、いつも水子が来世で恵まれた暮らしを
していることを祈り、手を合わせています。
 祈るのですから、花や線香を手向ける寺院はどこでも良いのです。でも浅草の伝法院・
鎮護堂まで出かけていくのは、同行してくれる友だちがいるため、私の暮らしの一端を
水子に見せられることや、地蔵菩薩の表情もさることながら、菩薩の足元で菩薩を見上
げている六体の子供たちが、菩薩に救済を施してもらっている姿に見えるためすごく安
心を覚えるのです。
 それともう一つは、「徳川家斉と水子供養に浅草へいくことの関係」があります。そ
れは徳川家斉が北斎の画力を直接観たいということで、鷹狩の帰りに浅草伝法院に北斎
を呼びつけ、画を描かせたのでした。
 好きな画家が筆をとった伝法院。その鎮護堂の一画にある地蔵菩薩。親しみが倍増し
ます。
 余談ながら人間は手を合わせて目をつぶることによって、精神的なバランスを非常に
うまい形で取れるようになっています。
 孤独感が減る、幸福感が得られる、心の安定によってホルモンや神経物質のバランス
が良くなるなどの作用があります。
 困ったとき、落ち込んだとき、ストレスを感じているときなどには、手を合わせるこ
とを思いだしてください。


「党」

 衆議院選前に「希望の党」や「立憲民主党」が結成されました。
 「党」とは集団であることと、語源を調べてみると、中世の地方の武士が結んだ軍事
上の集団をいいます。『平家物語』に「たうも豪家(かうけ)も」とあり、「たう(党)」
は地方武士の集団と解説にありました。たしかに政党も、地方出身者の人たちが支える
集団です。
 選挙になると面白い「党」の名前が行き交いします。
 「ラ党」はライバル政党の略語で、野党の大きな政党が自民党のことを略して言う場
合が多いです。
 「ユ党」もあります。野党でも与党でもない、なんだか存在の薄い党のことで、「ユ」
が「ヤ(野党)」と「ヨ(与党)」の間にあるところから、中途半端な政策を掲げる政
党をこう呼びます。

 日本の党の中でもジョークのような政党がありました。
 生活の党に山本太郎が合流して「生活の党と山本太郎となかまたち」には呆れました。
 私の好きだった政党名は「日本愛酢党」と「日本UFO党」です。他にも「雑民党」
「開星党」「スマイル党」「当たり前党」などもありました。面白くて良いのですが、
本気度を疑りたくなる政党名でした。

 さてさて私は今回の衆議院選、誰とどの政党を2枚の投票用紙に書いて投票すれば良
いのでしょう。私の選挙区(群馬1区)での立候補者は3人です。
 不謹慎ながら全国立候補者が発表されると、私の選挙区ばかりでなく、全国小選挙区
の当選者と次点になる人を予想して楽しんでいました。今回は「立憲民主党」や「緑の
党」の勢いがわからないので、予測が難しい選挙になっています。

 「緑の党」といえば木曜日発売の『週刊文春』がついに小池代表を取り上げました。
「小池〈緑のたぬき〉の化けの皮を剥ぐ!」という特集です。さっそく立ち読みしてき
ました。 小池さんは知事としてパリで開かれる温暖化対策を進める世界の都市連盟「
C40」の運営委員会などへの出席するため、21日夜から日本を離れ、開票日には日
本にいないのですね。公務ですから「緑の党」支持に影響なければいいのですけど。「
緑の党」から立候補する新人の悲惨な結果も載っていました。
 さらに月刊「Hanada」11月号ではジャーナリストでもあり論客者の有本香さんが「
安倍政権の反撃」の大見出しで、「小池百合子、ブラック都政」を取り上げています。
これを読んだ有権者は「希望の党」に投票しなくなるくらい負のダメージを与えます。
 「小池さんの応援演説を頼まないほうが得策」と考える候補が出るなんて、少し前ま
で誰が考えていたことでしょう。「排除する」「さらさらない」と言った小池さんの言
葉で流れが変わってしまったわけですから、言葉の怖さと、発する言葉には慎重さが必
要なことを改めて知りました。


「書き込みからです」

「『賢者タイム』は男性がだれでも体験することで、そのとき前後の落差は言葉になら
ないです。僕も彼女との行為で、絶頂を過ぎたあとに『賢者タイム』が決まってあり、
絶頂を過ぎると急に気持ちが冷めて眠ったり、話しかけられても抜け殻のようになって
ます。
でも何日かたつと自分のことを反省します。このままでは彼女との行為は愛情表現では
なく、快楽行為だけに感じます。
田中さんは枝伸さんのことを『賢者タイム』のない仙人だと言ってました。枝伸さんは
今は現役でないから、伝授してくれると田中さんから聞きましたので、思っていたこと
を書き込みました。『賢者タイム』を乗り越えれる方法を教えてください。」

 「賢者タイム」とは男性が性の欲望を放出したあと、急速に性や彼女への興味が消え
てしまうことをいいます。「賢者モード」ともいわれ、性の問題に限らず、例えば飲ん
でいるときでも気分が急に萎えたときなどには「賢者タイムに入った」などと使います。

 ベッドにおいての「賢者タイム」をコントロールすることは、30代の男性でなくて
も、無理なことではないかと思います。
 多くの男性が彼女に勝る大切なものはこの世に存在しないとは思い切れないからです。
何がなくても愛する人を大切にする「相手(彼女)至上主義」になれていれば別ですが。
 しかし、「相手至上主義」にしてくれる女性と巡り会う男はわずかなため、「相手至
上主義」を徹しきれるのはごく少数派になります。ですから「賢者タイム」は男の宿命
として存在するということでもあります。

 でも「賢者タイム」のあることを恥じることはありません。原始時代から男はいつま
でも行為に没頭していると、相手や共同生活者の身を守る体勢が整わないため、「賢者
タイム」をもよおすことで外部への注意や戦闘意識を蘇らせました。それが男の本能と
して受け継がれていて、快感からすぐ覚めるように男は運命づけられているのです。で
も相手の人を腕の中で休ませてあげられるぐらいの思いやりは持ちたいものですね。
 ついでながら私は仙人でもなんでもありませんが、「彼女との行為は愛情表現である」
と「相手至上主義」を信じている者です。もしかしたら次のような暮らしが、書き込み
主さんへのヒントになるかも知れません。

 「賢者タイム」を起こさない男になるためには、まず毎日の生活では無駄なエネルギ
ーを使わない暮らしであり、テストステロンという男性ホルモンをたくさん"貯蓄"でき
るようにしておくことです。
 無駄なエネルギーを使わないために、なるたけ肉食を控えます。私たちは消化にとて
もエネルギーを使い、一日3食の食事を消化するのに使われるエネルギーは、フルマラ
ソンを走ることと同じといわれます。しかし肉類のタンパク質を摂らないとテストステ
ロンを増やし、体液を増やすこともできません。
 そこで肉を少なく摂取する分、ステーキより良質なタンパク質のあるバナナや、海苔、
干し海老、大豆や大豆加工品、胡麻を摂ります。甘栗は果物の中でいちばんタンパク質
があります。
 ニンニクは野菜の中でもタンパク質が豊富ですし、他のタンパク質と一緒に摂れば、
男性ホルモンの分泌量が増えます。その他の野菜や果物にも多くのタンパク質が含まれ
ていて、野菜や果物のタンパク質は最初からアミノ酸となっているので、すぐに体内で
タンパク質として合成されるので効率が良く、肉食のように酵素を無駄に使わなくてす
みます。
 肉食によって酵素が減少すると、疲労が溜まりやすく、酵素不足のため老化に拍車が
かかり、EDや病気になりやすい体になります。
 大切な人のために、まず自分を作り上げる。そこまでやっているのだから、体と心が
裏切ることはなくなり、「賢者タイム」などやってこなくなります。すると「彼女との
行為は愛情表現である」が実感としてわかってきます。

 ミス・ユニバースジャパンで公式栄養コンサルタントを務め、日本女性のダイエット
と食の悩みを受けてきたエリカ・アンギャルさんの新刊『ラブダイエット~スイーツな
しで体と心を満たす美の教科書~(幻冬舎)』にはこのようなことが書かれてあります。

   愛情に満たされ、充足感を抱いている時、女性には様々な恩恵がもたら
  されます。メンタル面では、ストレスが減り、リラックスでき、内側から
  輝くパワー、バイタリティが溢あふれ、ハッピーなオーラが醸し出されま
  す。
   またフィジカル面では肌の艶がよくなり、異性の目にとても魅力的に映
  るようになります。また、過食に陥ることがなくなるので美しいボディラ
  インをキープすることもできます。

 人間は愛情を与えられることが必要な生き物です。心で感じる愛情と同じように、肉
体的な愛情も非常に大切で、二つが揃うから体も心も満たされます。男が快楽と欲望を
優先した結果に起こる「賢者タイム」を克服できたとき、女性は言い尽くせない充足感
を得ることができると思うのです。
 抱きしめ、褒め、「ありがとう」を何度も伝え、大切な人をより心身ともに美しくし
てあげましょう。そして何回も大切な人と一緒に果ててみてください。
 最後になりますが、何よりも「賢者タイム」を克服する最強の方法は、いつでも大切
な人に気持ちを向けて生活していることである、ということを付け加えておきます。


「私事ですが」

◆日曜日の来客者に、「宮沢賢治に興味を持ったのは何歳から」と聞かれ、小学3年生
で、『よだかの星』を読んだとき、と答えました。
 炬燵に入りながら図書館で借りてきた『よだかの星』を読んでいるシーンが蘇りまし
た。と同時に、母と一緒に急須ほどの小さな薬罐(やかん)で温めた日本酒や梅酒を飲
んでいたことも思い出しました。つまみは炬燵の灰で焼かれたニンニクでした。ほくほ
くのニンニクには味噌が良くあいました。
 父は毎晩のように帰宅が遅いのですが、父が帰宅するまで寝ることの無かった母に付
き合い、私は毎日少量ながらチビリチビリと飲んでいました。我が家には、飲酒は二十
歳からなどというしばりはありませんでした。
 これは太平洋戦争に出征した父親たち共通の意識らしかったです。当時は町の治安が
悪かったため町内には自警団が組織されていました。午後9時と零時に集合する場所に
は一升瓶が並んでいて、見回りの前には中国戦線を体験している父親たちから、年齢に
関係なくコップ酒をすすめられました。
 それを煽ってから木刀を手に、担当地区への見回りに出かけました。私は中学3年か
ら父の代わりに自警団入りし、男たちだけで飲む美酒の味を覚えていきました。
 一緒に見回りをした元陸軍上等兵だったあるお父さんは、
「北支(中国)の占領した町を見回りするには、覚悟がいったよ。夜はどこから銃弾を
浴びせられるかわからず、何人もの戦友が撃たれた。怖かったな。酒を飲んでやせ我慢
して自分を奮い立たせて、見回りに出かけた」
 父からも聞いていた話でした。父は北支で戦友を失っています。その戦友は母の兄で
もありました。戦友は宮澤という姓だったこともあり宮沢賢治が好きで、母に賢治の本
を与えてくれた兄でした。
 私が炬燵で『よだかの星』を音読していたとき、「僕は今度遠いところへ行くからね」
「兄さん。行っちゃいけませんよ」という兄弟のやりとりを、母はどんな思いで聴いて
いたのでしょう。

◆興味あるものなのに良くわからないときは、人に聞くことにしています。しかし調べ
てみたほうが面白そうだなと思うと、正解にたどり着けなくても推理する時間が楽しく
て、あれこれ調べています。
 バイオリンとアコーディオンの『TENGO』というデュオ名もそうでした。二人と
も60代の女性で、東京はもちろん、地方でのライブも積極的に行っています。
 友だちが『TENGO』のライブに出かけていくので、ライブの感想やクラッシック
から民謡まで幅広いレパートリーがあるデュオであることも知りました。
 『TENGO』とはどういう意味なのか。聞いてみるよりも、それまで知らなかった
情報に触れられるような気がしたので聞かずに調べてみました。(もしかしたらずっと
前に名前の意味を聞いているかもしれませんが、忘れているのを幸いにして調べました)

 スペイン語の「TENGO」には「持つ」という意味があることを知りました。でも
バイオリンとアコーディオンは二人の場合「持つ」ではなく、奏でるですから、この意
味ではなさそうです。
 国内の言葉として「てんご」で調べると、京都の方言で「悪ふざけ。いたずら」とあ
ります。「てんごしなや」と言うと「悪ふざけをしたらいけません」の意味になるそう
です。これも真面目な楽曲を演奏しているデュオに似合う名前ではありません。
 愛媛県新居浜市で使われている「てんご」は「おせっかい」という意味で、「知りも
せんのにいらんてんごすな」と使いますので、こちらもデュオ名にふさわしくありませ
ん。
 結局、調査はいきづまりましたけど、未知の知識と出会えて面白い時間でした。
 14年前の今ごろ、「毎日新聞」大阪本社版の夕刊に載った「てんご」とも出会えま
した。

   「てんごう」の短縮形。「転合」「転業」と書くが、語源は未詳。
   『近世上方語辞典』(前田勇編)の「てんごう」の項に「ふざけた
   言語・動作。わるさ。いたずら。冗談」とある。
   井原西鶴の『好色一代男』に「転合書」という表現がある。西鶴が
   いたずら書きした文章を取り集めて一代男に仕立てたという成立の
   糸口となるキーワードだ。この「転合」は精神的ないたずらだが、
   関西方言では言動について使われる。
   「てんごすな」「てんごしな」「てんごせんといて」は「いたずら
   をするな」「冗談はやめて」の意。「てんごなこと」は無茶なこと。
   「いたずら」や「冗談」でも意味は分かるが「てんご」にはぬくも
   りが感じられる。

 『TENGO』のライブに行けたら、「いたずら好きですか」と尋ねてみたいと思い
ます。

◆高崎市・高崎シティギャラリーで、絵画や詩の才能に恵まれながらも17歳で夭折し
た山田かまちの水彩画、クレヨン画が明日まで展示されています。たくさんの見学者が
押し寄せています。
 私も明日は公民館掃除を済ませたら、レッスン開始までの間に高崎を往復するつもり
です。
 山田かまちは17年の人生で約千点の水彩画やデッサン、数多くの詩を残しました。
私も水彩画やデッサンを描き、詩も書いてきました。しかし作品はごくごく少なく、残
っているものはわずかです。山田かまちより52年も余分に生きてきたのに。
 これからは水彩画、デッサン、詩を残して暮らしていくことにします。どんなときや
どんなことに足を止めてたたずみ、どんなことに感動していたのか、それが自分史とな
り残ります。
 みなさんは自分の歩いた足跡を、山田かまちのように残していますか。山田かまちが
出かけられなかった旅の想い出を積み重ねることも、素敵な足跡になりますね。
 自分は自分の人生の見学者です。自分ギャラリーにたくさんの"作品"を残せる生き方
をしていきましょう。


  :.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*


・お寺と神社の話題を前回の日記で書きましたら、お寺と神社の違いを教えてくれるメ
ールをいただきました。いくつか書いてみます。

    お賽銭について、お寺はお金を捨てる修行で、神社は自分の願いに
    準ずる金額だそうです。

   お寺での願い事のときは名前だけで良いが、神社は住所も言ってどこ
   に住むかを伝えるのが礼儀だそうです。

 その他もまた話題にしてみたいと思っています。

・同じく先週書きましたメルアドや電話番号を消去してしまったことにつきましては、
たくさんの方から個人情報を送っていただきました。ありがとうございました。

・バンドの必要ない関係器材や、個人の断捨離すべき物を処理してきました。リサイク
ルショップにもお世話になりました。
 思わぬお宝があって、2万円近くになったため、来月、特上の霜降り牛肉で、すき焼
きパーティをするといいます。
 私も100㌘だけ付きあうことにしました。豚肉が好きなのでそれが良いと言ったの
ですが、匂いが牛肉に移るということで却下されました。
 2万円弱の値段が付いたレア物については、その品が何だったのか話していません。
 断捨離した人も家族も「にせ者だから早く処理したかった」と言っていたので、ご一
家のプライドを傷つけるわけにはいきません。

・今日と明日は「収穫感謝祭2017 ~ぐんまの農業応援団大集合!」と銘打ってJA
ビル大駐車場でイベントが開かれます。
 豊かな実りへの感謝と消費者との交流会として開催されるこのイベント会場へは自転
車で10分ほどで行けます。去年は500円で抱えたキャベツがもらえる「キャベツ抱
え取り」で私は8個、友だちは9個抱えられました。でも今年は雨。出かけるにも自転
車ではどうにもなりません。車で行っても駐車空きを待つのが煩わしいです。
 そういえば去年はキャベツ8個の処理に困ったのでした。毎日、青虫のようにキャベ
ツを使った料理を食べていました。今年は雨が降ってくれて良かったのかも。。。


 今夜の楽しみは友だちがスマホケースをプレゼントしてくれることです。
 私のスマホ透明ケースが擦れて汚く見えることや、少しゆるくなってしまったため、
見かねた友だちが通販に頼んでくれました。
 私が希望したベーシックな紺布のケースになるのか、友だちが言うように、私のイメ
ージピッタリ柄のケースになるのか、包装を開くまでのお楽しみです。
 

「賢者タイム」のこと

 投稿者:七金 澤口  投稿日:2017年10月12日(木)23時33分47秒
  男性の大先輩として枝伸さんにお聞きします。


「賢者タイム」は男性がだれでも体験することで、
そのとき前後の落差は言葉にならないです。

僕も彼女との行為で、絶頂を過ぎたあとに「賢者タイム」が決まってあり、
絶頂を過ぎると急に気持ちが冷めて眠ったり、
話しかけられても抜け殻のようになってます。

でも何日かたつと自分のことを反省します。
このままでは彼女との行為は愛情表現ではなく、快楽行為だけに感じます。
行為に対して精神的ストレスを感じている状態です。


田中さんは枝伸さんのことを「賢者タイム」のない仙人だと言ってました。
枝伸さんは今は現役でないから、伝授してくれると田中さんから聞きましたので、
思っていたことを書き込みました。
「賢者タイム」を乗り越えれる方法を教えてください。


 

しのぶ日記

 投稿者:大塚 枝伸  投稿日:2017年10月 7日(土)17時14分17秒
   ときどき閃輝暗点(せんきあんてん)の症状が眼の中にでてきます。万華鏡を覗いて
いるようにキラキラしたものが、視界の外側や中央などにあらわれ、目の中でチカチカ
動き、形を変え、大きくなったり縮んだりします。それが消えると頭痛を催すこともあ
ります。
 閃輝暗点については、晩年の芥川龍之介が短編『歯車』でこの症状を書いています。

    僕の視野のうちに妙なものを見つけ出した。半透明の歯車だった。
    次第に数をふやし、半ば僕の視野をふさいでしまふ

 今日はそのキラキラが消えないまま日記を書きだしました。頭痛が起こらなければ良
いのですが。


「四字熟語とことわざ」

 生徒たちが模擬テストや塾のテストを受けているとき、私は四字熟語やことわざの辞
典を読んだり、その語源を調べたりしていることがあります。テストのときの楽しみで
す。

 四字熟語は約6300語あるそうなので、知らない四字熟語でいっぱいです。
 「あ」から始まる四字熟語だけでも「合縁奇縁」のように知っているものと、「蛙鳴
蝉噪(あめいせんそう)」「安車蒲輪(あんしゃほりん)」のように知らなかったもの
が一緒にまとめられています。
 「合縁奇縁」は有名な言葉です。人と人とが互いに気心が合うのは、目に見えない不
思議なめぐり合わせの縁であるということですから、「人と知り合うって奇跡なんだな、
大切にしなくては」と改めて知り合えた人たちへの思いを深めます。男女の間柄につい
ていうときは「愛縁奇縁」と書く素敵な四字熟語でもあります。
 「蛙鳴蝉噪(あめいせんそう)」は蛙や蝉がやかましく鳴き立てることにたとえで、
うるさいだけで役に立たない議論のことを一般的にはいうそうです。しかし無駄表現の
多い、稚拙な文章のこともあるそういうですから、この日記を書いているときは「蛙鳴
蝉噪」を意識してキーボードを叩かなければなりません。
 「安車蒲輪(あんしゃほりん)」の意味を知ったとき、私にとっては都合の良い四字
熟語を見つけたと思いました。老人をいたわり、丁重にもてなすこと、だそうです。
 知りあいの皆様には、私への安車蒲輪の心構え、よろしくお願いします。

 ことわざ辞典を読んでいる時間も、新しい知識となってくれる言葉と出会えるうれし
いひとときです。今週のテスト時間中に知り、メモしておいたことわざがいくつかあり
ます。
 ・「遠きは花の香」。
 遠くに見えるものには花の香りが漂っているの意味で、遠くにいればあらが目立たな
い。また、昔のことも美しく思い出されるということでもありそうです。
 類義語句が愉快です。「遠くの坊さんありがたい」。「耳を尊び目を卑しむ」。「近
きは糞の香」。近くに来るとどんどん綺麗になるのがわかる人もいるから、その場合は
「近きも花の香」でしょうね。
 ・「わが好きを人に振る舞う」。
 これは私を戒める言葉でもあります。自分の好きな食べ物は、他人も好きだと思いこ
んでいます。ですからお客さんにも自分の好きな料理を、お客さんの好みも聞かぬまま
提供してしまうことがあります。バンドですと中村さんへのチーズ料理。峯岸くんへの
ぜんざい。滝さんへのニンジン入り料理がありました。まさに「ありがた迷惑」でもあ
り、「わが口に甘ければ、人の口も甘し」でもあります。押しつけは戒めなくてはなり
ません。
 ・「一押し二金三男」。
 女性にモテる男とは、まず意中の人に会えたなら強引な押しがなにより。次の武器が
経済力を見せつける。三番目にルックスの良さを売りにする、あるいはルックスなどは
押しや経済力の次である、という意味になるそうです。
 いずれにしても押し、経済力、美男子がモテ男の三大条件。残念ながら私に無いもの
ばかりでした。


「ニュース、あれこれ」

●宇宙開発企業のスペースX社が新型ロケットと宇宙船による地球旅行を発表しました。
出発先と世界のほとんどの地点を1時間以内に結ぼうという計画です。
 使用するロケットは月や火星探査に使われるものと同じのシステムのもので、東京~
ハワイを30分で結ぼうとしています。
 乗客を乗せたロケットは飛行機のように滑走路を使わず、垂直に打ち上げられ、大気
圏外を時速2万7千kmで飛行し、地上やドローン船へと着陸するのです。ものすごい勢
いで加速し、音速を超えてなおも加速するのですからさぞG(重力加速度)が強くて苦
しいと思いましたが、ジェットコースター並みといいますし、価格も航空機のそれと大
差はないとのことです。
 「へぇーずいぶん気軽に乗れるのだなぁ。それなら楽だ」と思っていたら、大きな間
違いに気づきました。私、ジェットコースターに乗ったこと無いのでした。あんな高く
て怖いもの、なぜにお金まで払ってまで乗るのでしょう。。。

●ダビンチの「モナリザ」に酷似しているということで「裸のモナリザ」が話題になっ
ています。
 「裸のモナリザ」はフランス・コンデ美術館所蔵の木炭で描かれた裸婦画です。この
絵をダビンチの描いた可能性があると、ルーブル美術館などの関係者が調査を始めたの
です。
 二枚を見比べてみますと確かに似ています。「裸のモナリザ」は「モナリザ」のよう
な黒い衣服をまとっていませんし、髪型も違います。でも顔立ちはモナリザそのもので
す。
 二枚の絵を観ながら思い出しました。今から40年以上も前の春、上野の東京国立博
物館にて「モナリザ」が公開されたときのことです。私はどういうわけかまったく興味
が無くて、ニュースをぼんやりと観ていました。どうしてなのか。それはモナリザが女
性としての表情ではないため魅力を感じなかったからなのです。そして今回の「裸のモ
ナリザ」です。やはり女性らしさは感じません。
 ヴィンチが同性愛者という話は良く知られていますので、もしかしたらモデルとなっ
たのは・・・ 当時は同性の愛人がいてもおかしくない時代でした。
 調査結果がどんな結論になるのか、楽しみなニュースです。

●前橋に暗いニュースが続いています。
 日記では群馬の総菜店「でりしゃす」で購入したポテトサラダなどを食べた人が、O
157に感染した集団食中毒を取り上げました。今度は市内の40代の男性がやはりO
157が原因で死亡したと発表されました。
 男性は下痢などの症状を訴え、その後入院していたということです。男性の周辺で他
に感染者は出ていません。また、感染経路は不明としていて総菜店「でりしゃす」との
関連はないみたいです。
 一連の騒動以来、前橋の友だちの間ではO157に対しての警戒感が強まり、外食の
ときには、料理・定食を頼んでも、調理人以外の人の手が触れる可能性のある生野菜や
お新香、デザートなど食べないようになっています。
 同時に生ビールのサーバーが洗浄されていないことを心配して、いつもは生ビールを
注文している連中が瓶ビールオンリーになっています。私としてはビールは瓶ビールが
いちばん美味しいと思っているので、これはうれしいことになりました。
 結局、どんなに神経を遣っても、今の前橋はどこでもO157に感染する可能性が潜
んでいる街になっています。とにかくインフルエンザ流行のときのように、手洗いを励
行し、免疫力アップの食事を摂るしか方法はありません。
 インフルエンザといえば、高齢者予防摂取のお知らせが早々と市役所より送られてき
ました。細い注射針って痛いのだろうなぁ。

 同じ前橋のニュースでもこちらはショックでした。酒酔い運転で前橋東警察署地域課
の巡査長(56)が逮捕されたのです。前橋東警察署は我が家一帯も管轄にしている警
察署で、車で10分前後の大通りにあります。
 今までの警察官不祥事事件でも、「警察官だからといって特別に叩かれるのは可哀想。
人間だからそういうこともあり得るよなぁ」みたいな印象でニュースを観ていたのです
が、今回ばかりはいけません。
 事件を起こした巡査長というのが、過去に飲酒依存に関して投薬治療し、現在も医師
の健康指導を受けているため県警は過度に飲酒しないよう指導していたというのです。
 巡査長が逮捕されたのは、乗用車内で酒に酔った状態でぐったりしているのを通行人
が見つけて交番に通報したからでした。近くの標識や電柱にはこの乗用車がぶつかった
とみられる跡がいくつかあったとのことです。
 酒飲みとして辛い事件でした。私の場合は仕事上のこともあり、「飲んだら乗るな」
を徹底しています。しかし酒は心の隙を狙って、悪魔の声で囁きかけることだってあり
ます。逮捕された巡査長も酒に自分を奪われまいと格闘していた中での出来事だと思い
ます。
 同情はしませんが、人身事故につながらなかったことには救われました。


「衆議院選挙」

 パンダの命名が遅れたのは命名会議に出席する黒柳徹子さんの体調が思わしくないか
ら、との都市伝説がありました。たしかに最近の黒柳さんは着ているものに体が埋没し
ているように見えるので心配していました。
 しかしパンダの名は「シャンシャン」と決まり、黒柳さんを30時間ドキュメントす
る番組が組まれたり、半生を帯ドラマ化した『トットちゃん』が2日から放送されてい
て、黒柳さんはご健在そのものでした。
 パンダには興味のない私ですが、「シャンシャン」命名を発表した小池知事になると
関心がわいてきます。苦手な女性のトップクラスの人なので、知事がメディアに登場す
ると否応なしに反応してしまいます。

 「希望の党」ってどうなのでしょうね。参加してきた前議員は、立候補したら当落線
上のメンバーが大半で、新党にすがったとしか思えない顔ぶれです。すがった小池さん
にしても、政策の裏付けもなく、言葉のアヤで立ち回っているのが見え見えで、だいぶ
風向きが変わってきたように感じます。すがってきた人たちは気が気ではないでしょう。

 それでも「希望の党」は小選挙区と比例でそれなりの当選者を出すのでしょう。そし
てこの10年で誕生しては泡と消えていった政党のように、「希望の党」も消えていく
政党になる確率が高いはずです。
 私の苦手の人が代表の政党だから揚げ足をとっているわけではありません。小池さん
以上のカリスマが存在していた「維新の会」でさえ3年で空中分解しているのですから。
歴史はまた繰り返されてしまうと思って当然なのです。
 そもそも議員経験が3年だけしかない若狭勝さんが大きく関与してきた政党ですから、
もともと大きな期待はできないですし、用済みになった人には冷たい小池さんのことで
すから、若狭さんはまもなく党の中心部から外される運命にあるのでしょう。
 心配なのは「希望の党」の新人候補運動員が研修不足で、開票後に選挙違反で逮捕さ
れないかという不安です。若い立候補者には期待しているだけに、その芽を摘み取られ
ることがないでほしいものです。

 「希望の党」に続いて「立憲民主党」が旗揚げしたことで、細川元首相の「(小池新
党が出来たことで)倒幕が始まるのかと思っていたら、応仁の乱みたいにぐちゃぐちゃ
になってきた」という言う言葉にリアリティが出てきました。
 私は応仁の乱や幕末ではなく、「関ヶ原の戦い」とそっくりだと思います。
 今秋、岡田准一さん主役で封切られた『関ヶ原』ですが、関ヶ原の戦いは1600年、
美濃の関ヶ原で徳川家康を大将とする「東軍」と、石田三成中心の「西軍(豊臣側)」、
約20万が覇を競った戦いでした。
 家康が勝利して江戸幕府が始まるわけですが、この戦いでは西軍に裏切り者や、西軍
なのに東軍を攻める戦いに参加しなかった日和見派がたくさん出ました。
 その武将たちの末期は哀れなものです。小早川、吉川、鍋島、毛利、安国寺、長束、
長宗我部など、ほとんどの大名が徳川に滅ぼされたり大減封されています。
 今回の衆議院選挙でも虚々実々のやりとりが交わされています。裏切りが当たり前の
政界です。果たして誰が浮かび上がり、誰が奈落の底に落ちていくのでしょう。
 選挙は人間の「らしさ」が見える、面白い戦いです。


「私事ですが」

◆今年の紅葉は早いみたいで、草津の山々は例年より半月ほど早く染まりだしたと地元
の人が話していました。
 寒さがおとずれたせいでしょうか。冬鳥の姿も見かけるようになりました。散歩道に
流れている穏やかな端気川の流れの中や、ちょっとした中州では、小魚や水草をついば
むシラサギ、アオサギに混じってジョウビタキ、ツグミなどの姿が見られます。
 耕耘機が土塊を掘り起こしている田んぼでは、ヒヨドリ、ハクセキレイ、キジバト、
ドバト、カラスたちが耕耘機の後を追い、土から湧いて出た虫を漁っています。
 野鳥たちにとって厳しい冬のためにも、ここで食べておかなくてはならないという事
情があります。緩やかな川の流れや、土を掘り起こすたんぼは、野鳥にとってなにより
の恵みをもたらしてくれます。
 私にも恵みの段ボールが今日届きました。心遣いの20種類40数品目が段ボールに
詰まっています。
 たとえば酒飲みの私は甘い物を食べないと思われがちなのですが、段ボールには「加
賀の和菓子」「福砂屋カステラ」「信州山柿」、チョコレート各種、「珈琲キャンディ」
が入っています。珈琲キャンディは生徒に個別解説するときのため、ガムとともに必需
品となっています。
 「ワカメ、すりゴマ、きな粉」は、卵・ニクニク・生姜とともに私の食生活の基本と
なってくれる食品であり、毎日欠かさず口にするエネルギー源です。
 香りにくつろげる洗濯洗剤は洗濯時間を心地良いひとときにしてくれます。ローズと
サンダルウッドが薫る部屋用芳香剤には、帰宅するたび癒されることになります。
 レンジすれば食べられるジャガバタも、辛口日本酒も、尊馬油(ソンバーユ)も、サ
プリも、私の嗜好を知っていてくれる友だちならではの心遣いです。次回会うときまで
感謝の気持ちを"貯蓄"しておき、会ったときには"貯蓄"の10倍は心を尽くさなければ、
友だち失格になります。
 友だちとの付き合いはいつまでも右肩上がり。天井なんてありません。

◆書き込みです。
「ジャンボ宝くじで当せん金を手にした72歳の父親が、子供3人に300万円ずつプレゼン
トしてあげます。プレゼント条件として、300万円すべて買い物で使い切ることで、ロー
ンの支払いや貯金は認めないということです。(中略)枝伸さんでしたら300万円でどん
な買い物をしますか。夢物語として教えて下さい。」

 実際に手にできる話ではないから、考えるだけ野暮ですけどね。
 とりたてて欲しいものはないですが、友だちや我が家の来客・宿泊者から新しいもの
に替えたり、二階にあった方が良いのではとアドバイスされたものをヒントにして、ま
ず「車、給湯器、二階のエアコン・テレビ、布団」を選びました。

 まずノッキングばかり起こしている車を乗り換えます。まもなく20万キロになりま
すし、重い音響器材をびっしり積んだときのノッキングは運転席にかなりのプレッシャ
ーをかけます。運搬中の精密器機に影響があったことや、楽器を傷つけたこともありま
す。
 乗りたい車は、一度でたくさんの器材や楽器を運べ、「5」ナンバーの「ホンダフィ
ット・シャトル」が第一候補。新車はオプション付きで235,5万円です。中古でも良
いのですが、新車にしないと300万が使い切れません。
 その他では(税込みとして)、
 ・シャワーが使えなくなっているガス風呂給湯器 15万円。
 ・布団セット・洗える玄関マット(2枚)・ひげ剃り それぞれ1,5万円。
 ・二階寝室用のテレビとエアコン 17万円
 ・ノートパソコン 12万円
 ・自転車 3万円
 ・Suicaのチャージ 2万円
 ・JTB旅行券 10万円

 空しいなぁ。。。

◆もう一つの書き込みです。
「木々が色づき始めましたので、旅心がざわついてきます。今月から年末にかけて三連
休が多く、旅に出かけるチャンスが増えます。秋や初冬を楽しむベストの旅先はありま
すか。奈良や和歌山への予定は決まりましたか。」

  秋は東北です。雪が降る前に訪ねてみたいのは福島県・大内宿(下郷町)と、宮城県
・仙台市太白区秋保(あきう)温泉のスーパー「主婦の店・さいち」です。どちらも有
名すぎますが、それでも訪ねてみる価値は十分にあります。
 大内宿は江戸時代の宿場町がそっくり残り、土産店や飲食店が並びます。他の観光地
の土産店にはない手作り感ともてなしは、質実剛健でもあり親切でもある会津人らしさ
であり、旅に出た実感をしみじみと味わえます。
 「主婦の店・さいち」は一度でも食べておくべき「おはぎ」で有名です。紅葉と温泉
とを楽しみながら、飽きのこない「あん」「きなこ」「ゴマ」を頬張ってください。一
日に5千個、週末には2万個も売れることがある名物おはぎです。塩味が利いています
ので胸焼けの心配はありません。
 仙台駅の「食材王国みやぎ」でも木・金・土曜日の午前11時から買えます。ただし
少し古い情報ですので確認してからお出かけください。
 尚、ユーチューブで「東北の秋」が1000万回を超える再生回数になっています。
97%が外人による再生とのことです。東北に魅了される理由がわかる動画です。

 わりあいと知られていないのに紅葉の名所としてお勧めしたいのは、上毛三山の一つ
でもあり、日本三奇勝の一つにも数えられ妙義山(みょうぎさん)です。
 妙義山はほとんどが岩山で、岩山を紅葉が染め上げます。車でのアクセスも楽ですし、
「妙義ふるさと美術館」や日帰り入浴の「もみじの湯」や「妙義神社」もあるので、近
場なのに山懐の情緒も楽しめます。
  個人的には裏妙義の紅葉と湖畔の紅葉が鮮やかな「妙義湖」が好きです。湖畔でテー
ブルを組み立て、友だちと食事をしたのは、もう16~7年前になります。そのきとは
新緑の季節でしたが、想い出のある土地だから尚のこと紅葉シーズンも美しく思えるの
かもしれません。
 ちなみに今年のクリスマスイブは、妙義山が望める温泉宿で過ごすことになりました。

 奈良にしても、和歌山にしても、そちらへの旅話は進展がありません。


  :.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*


・二学期中間試験が終わりました。試験答案が返されミス直しがあったり、模試がある
ので気が抜けませんが、今月は22日か29日のどちらかの日曜はノンビリ過ごせそう
です。一日休んで翌日からは期末試験学習を始めます。
 毎年同じことの繰り返しを書いていますので、さぞマンネリ化した毎日を過ごしてい
るだろうと思っている方もいらっしゃるでしょう。
 ところがそれがそうでもないのです。レッスンの内容も学力に合わせてやりますし、
去年と同じ教科書でも、同じ質問はありません。主婦が家族に作る家庭料理みたいに、
毎日あれこれ工夫して、三食違うメニューを作るようなものです。
 私の場合は各学年数名ずつ30食ほどの献立を、消化しやすいように、栄養になるよ
うに組み立てます。
 来春1月の私立高校受験まで3ヶ月となりました。もっともっと良い献立を4人の受
験生のため考えていかなくてはなりません。

・妙義山は赤城山と同じように、妙義山という名の山があるわけではありません。金鶏
山、白雲山、金洞山や、「裏妙義」といわれる谷急山、丁須の頭などの総称として呼ば
れています。
 新緑、紅葉、夕焼けが特に美しい山です。「下仁田町ホームページ 妙義山の概要」
で検索しますと、数枚の写真で妙義山の魅力が紹介されています。きっと行ってみたく
なりますよ。

・今日と明日は「前橋まつり」です。吹奏楽パレード、だんべ踊り、おみこし、ライブ
演奏他、祭りならではの出し物が繰り出します。露店をひやかす楽しみもあります。
 「前橋まつり」は私と同じ昭和23年生まれの69歳(回)です。会場となる市街地
までは、我が家からママチャリで20分ほど。レッスンに支障ないよう楽しんできます。


 先日、スマホの操作ミスで「電話帳」に登録されている全員の電話番号、メルアドを
消してしまいました。21世紀に入って3回も同じミスをしてしまいました……
 電話やメールを受け次第、「電話帳」に再登録しています。何かの折りにご協力くだ
さい。

 

秋が深まってます。

 投稿者:彩の国 須藤  投稿日:2017年10月 5日(木)14時23分53秒
  早いものでもう10月に入りました。
光陰矢の如しです。

木々が色づき始めましたので、旅心がざわついてきます。
今月から年末にかけて三連休が多く、旅に出かけるチャンスが増えます。
秋や初冬を楽しむベストの旅先はありますか。
奈良や和歌山への予定は決まりましたか。

今日までは秋晴れでしたが、明日から天気が悪いそうです。
すっかり朝晩の気温が下がり肌寒くなってきたので、体調管理に気をつけてください!


 

高額当せん金

 投稿者:キモサベ  投稿日:2017年10月 3日(火)13時02分48秒
  こんにちは。

東京での一日は枝伸さんらしくて、読みごたえがあって面白かったです。
東京のお友達のかたは、いろいろ歩かされたと思います。
お疲れさまでした!!



僕が親しくしている家族のことです。
ジャンボ宝くじで当せん金を手にした72歳の父親が、子供3人に300万円ずつプレゼントしてあげます。
プレゼント条件として、300万円すべて買い物で使い切ることで、ローンの支払いや貯金は認めないということです。
他人の喜びですから関係ないことですが、当せん金を受け取った人が第三者と山分けしたら、贈与とみなされて、贈与税の対象となる可能性があると思ったり、僕ならば300万円でどんなものを買うか考えていました。
枝伸さんでしたら300万円でどんな買い物をしますか。夢物語として教えて下さい。


広瀬川で行われたBBQの打ち上げは、とっても美味しいものでした。
もう一度ありますのでおたのしみに!

   
 

とても楽しく読みました。

 投稿者:ゆうぞう    投稿日:2017年10月 1日(日)11時28分26秒
  リクエストに応えてもらいありがとうございます。


「大人げないことが出来る大人たち。良い旅にしてもらえました。」
で締めくくられた話は、あなたらしく、あなたでなければできない友情の話です。
家族よりも恋人よりも、お互いのことを理解していたり、
互いに認め合い,助け合うことができて、
お互いを大切にしていこうとする気持ちがわかります。

僕は大人になってから、子供の頃のように友達といる純粋な喜びや、
いろんなことに感動する気持ちがなくなりました。
でもあなたはどんなことにも、ウキウキした気持ちで、
冒険に出る少年のように親しい友達とは向き合います。

あなたのような『少年大人男子』はどんなことにも100%だしきるから、
普通の大人男子では物足りなくなる人が多いと思います。


日記には、僕の思い出がある初音小路のこと書いてもらえて、うれしかったです。


紅葉採集の話も楽しみにしています。


 

しのぶ日記

 投稿者:大塚 枝伸  投稿日:2017年 9月30日(土)19時29分21秒
    実りの秋に向かい稲穂が頭を垂れています。
 稲は頴(えい)といわれる花を先月咲かせていました。そのとき受粉をしたから稲穂
は垂れるまでに成長できたのです。
 頴の開花はなかなか見ることができません。午前中に咲き、十数分から一日だけしか
咲いていないからです。

   花の色は うつりにけりな いたずらに 我が身世にふる ながめせしまに

 小野小町も自分の容姿の衰えを花の命の短さにたとえて嘆きました。今もそれは男女
に関係なくため息をつかせる原因となっています。
 スマホをのぞくと、そこに写る自分の顔にゾッとしたという便りがとどく秋でもあり
ます。


「旅の記憶」

 JR東日本の新幹線にサービス誌『トランヴェール』。沢木耕太郎さんが担当してい
る巻頭エッセイ「旅のつばくろ」の今月号の題名は「旅のリンゴ」です。

   旅先で出会う人には、「善い人」もいれば「悪い人」もいる。でも、
  どちらかといえば「善い人」の方が多いと思う。

 こんな書き出しで始まるエッセイは、上野から乗った夜行列車を秋田で降り、秋田か
ら男鹿半島の寒風山に登ったときの行き帰りが書かれてあります。沢木さんが16歳の
ときてした。
 坂道を喘いで登っていると、一台のダンプカーが停まり、「乗りな」と言って、ダン
プカーが本線をそれる所まで乗せていってくれます。帰りもそのダンプカーは沢木さん
を乗せてくれました。駅まで送ってくれたとき、運転手は運転席の前に置いてあったリ
ンゴ一個を沢木さんに手渡してくれます。沢木さんは旅の途中で食べることしませんで
した。持っているだけでリンゴが道中に安心を与えてくれたからです。
 今でも沢木さんは旅に出るとき、必ずリンゴをザックの中に一つ入れておくそうです。
16歳の旅で「もらったリンゴが影響しているのかもしれないと思う」でエッセイを締
めくくっています。

 沢木さんのように私も旅先では「善い人」とばかり出会ってきました。ところが沢木
さんのように、どこでどんな人と会ったかのしっかりとした記憶が消えてしまってこと
が多いのです。

 完全に記憶が無くなっている旅が幾つもあります。
 一つは私が野鳥の会に入っていた頃ですから40代から50代にかけての旅でした。
友人と二人で南国へ集団で渡る「タカの渡り」を見るため長野県白樺峠を目指し、終着
駅の「新島々(しんしましま)駅」にて下車。白樺峠までは約束していた山梨の野鳥の
会会員と合流するわけでした。ところが会えません。新島々からは公共交通機関がない
ので、白樺峠までは脚力に頼るしかありません。
 途方に暮れていたとき、群馬ナンバーの車が停車していることに気づき、わけを説明
して白樺峠まで乗せてもらうことが出来ました。南の島に渡る鷹たちが何百、何千と集
まりタカ柱を作っていました。その光景は鮮明に覚えています。
 ところがお世話になった人には後ほど礼状を添えたお礼の品を送っていたのにもかか
わらず、その宛先も受け取り主の名前が男性か女性名前であったかも覚えていないので
す。峠までの車中、運転手と助手席の二人とはおしゃべが絶えることがなかったのに、
何を話していたのか、その記憶も残っていません。

 もう一つは学生時代に依頼された演奏とバンド合宿を兼ねて、伊豆諸島に出かけたと
きのことです。船旅を終えて予定の民宿に着き、楽器の確認をしていますと、ドラマー
のI君が悲鳴を上げました。ドラムセットの中で、一番目立つ音でもありリズムの中心
となるスネアドラムの皮が破れているのです。
 頭を抱えていると民宿のご主人が、島や、近隣の島に連絡をとってくれてスネヤを借
りてくれたのです。隣町に借りに行くのとはわけが違う距離を漁船で預かりに行ってく
れたのです。
 もちろん礼状をだしています。ところがお世話になった民宿が伊豆諸島のどの島にあ
ったのか、新島、式根島、神津島、三宅島、八丈島のどこだったのかまったく記憶にな
いのです。
 たくさん言葉を交わしてたり、世話になっていながら、何を話したかも、名前や民宿
のたたずまいさえ住ま記憶にとどめていない自分が情けなく思われます。
 高校生が学習している『徒然草』二十六段そのものの心情になります。

  風も吹き荒れていないのに散ってゆく花のように、移り変わってゆく人の心、
  過去に親しんだ月日のことを思うと、しみじみと感動して聞いた一つ一つの
  言葉が忘れられない。そんな大切な言葉を少しずつ忘れ去っていっているこ
  とは、亡くなった人との別れよりも悲しいものである。(二十六段の現代語訳)


「神仏のこと」

 私が朝一番に祈り事を書いて唱えたり、神仏を敬う手相を持っているということもあ
り、先日も「何という宗教に入信しているのですか。」と尋ねられました。

 神さまは人間が作りだした心のよりどころと思っていますので、信仰している神さま
はいません。私たちが敬っている神のほとんどは、私たちが創造してきました。神さま
が人間を作り、日本を作ったという神話もありますが、ダーウィンの進化論がある限り、
人間が考えついた神と言い切れます。
 また仏教では浄土真宗のお寺に祖母の代からお世話になっていますが、両親を始めと
したご先祖への感謝と祈りは欠かさないものの、他には特別な信仰心はありません。仏
像への崇拝心と関心は、その芸術性に興味があるからです。
 それなのに神社仏閣に立ち寄ったときに手を合わせることがあります。しかしそれは
そのとき祈りたいことを祈るための場所を提供していただくだけで、祀られている神さ
まやご本尊に手を合わせているつもりはありません。もちろん自分のことを願ったり、
祈ったことはありません。

 最初に神となったのは自然界のものでした。
 原始の時代は火だけが夜の灯りであり、寒さからの守ってくれました。そんな時代、
真っ暗な大地に閃光を浴びて真昼のような明るさにする稲妻は恐怖と同時に畏敬の対象
にもなったのでしょう。人間では作ることのできないパワーと荘厳さに神が宿ると信じ
たとしても不思議ありません。
 雷のほかにも人間には理解不能なことや、尊厳に値する自然現象や、太陽や月や星な
ど生活の中のあらゆるものが神の対象になっていきます。
 この原始アニミズムが、神道の自然崇拝にも影響され、八百万(やおよろず)の神々
への信仰へと繋がり、吉凶占いや予言を尊ぶシャーマニズムと結びつきます。卑弥呼を
女王とし、神を祭る社が作られていった時代は現在にもつながっています。
 やはり大陸から稲作が伝わり、米を作ることによって、被害をうけないための占いや
預言が必要になったのでした。その一つとして雷の多い群馬には群馬県邑楽郡板倉町を
総本山とする雷電神社があります。雷から稲を守るとされる雷電神社は、関東を中心に
80余りの分院をかかえています。

 そんないきさつからして、日本人の八百万の神々への信仰と、欧米のようにキリスト
教やイスラム教だけを信じる一神教社会とは神に対しての倫理観もまったく違います。
 例えば日本人は決まった寺の檀家でありながら、他の寺院や社を詣でます。クリスマ
スを祝いながら初詣をして、お彼岸とお盆にはお墓へと向かいます。たいがいの日本人
はおおらかなのです。私も同じです。

 では私が神や仏を蔑ろにしているかというと、断じてそんなことはありません。八百
万の神さまの中から、自分の祈りたい神さまと個人契約?をして祈っています。どなた
かに感謝の気持ちを毎日表したいのです。心のよりどころにもさせてもらっています。
 我が家のトイレには何十年も汚物を引き受けてもらってきたのに、不浄なところとい
う考え方を持ち続けてきたので、それではトイレがたまったものではないだろうと思い、
今はトイレの神さまと契約させていただき、毎朝素手で便器を磨き、トイレの壁と床を
手ぬぐい拭きしています。もちろんお客様を迎える玄関近くにトイレがあるという事情
もあります。
 トイレを始めとした掃除や家事を始める前、私の祈り事を筆書して、そのことや他の
祈り事を2分ほど口にします。用紙に書いたことを叶えられるようと、私自身に叫ぶの
です。私の内なる力に訴えるのです。私の中にも言霊(ことだま)という神が存在して
いることを信じます。
 いろんな人がいろんな神や仏を心のよりどころとしていらっしゃることでしょう。神
様も仏様も自分からは姿を現しません。自分が感じるだけです。私は毎朝自分の中の神
を感じて筆書し、祈っています。


「私事ですが」

◆今日は久しぶりにドラマを録画予約してあります。NHK「土曜時代ドラマ」の『ア
シガール』です。人気のコミックの実写化で、『ごくせん』の森本梢子さんが原作です。
脚力だけがとりえの女子高生が戦国時代にタイムスリップしてしまい、出会った若君に
一目惚れしてお城に駆けつけてくる、というのが前回の話でした。
 今日からは若君を守るため、足軽となって戦場を駆けることになりそうです。タイム
スリップものは珍しくないのですが、戦国時代と女学生という発想力に興味を持ちまし
た。午後6時5分の予約です。
 午後11時、Eテレの予約もしてあります。『ウナギを追い続ける男~塚本博士の大
冒険』は、ウナギの生態に魅せられ、生涯を研究に捧げた男のドキュメンタリーです。
 グアム島沖でニホンウナギの卵を世界で唯一見つけた人でもあり、「うなぎ博士」と
呼ばれる塚本勝巳博士は、私と同じ1948年(昭和23年)生まれです。これだけで
も私は観る価値があります。
 同じ歳の男性が生き生き行動する姿を目にするのは、何ものにも代え難い発憤材料に
なってくれます。

◆惣菜を買っていた『デリシャス六供店(ろっくてん)』がO-157食中毒のため閉店してし
まったため、最近はカレイの煮付け、サバの味噌煮、豚の角煮、モツ煮込みを食べられ
なくなってしまいました。
 問題となったポテトサラダにはリンゴやキュウリが入っていたため購入したことはあ
りません。リンゴもキュウリも嫌いではないのですが、ポテトサラダに入っているとポ
テトの味わいと香りの邪魔をします。
 『デリシャス』は原因不明のまま17店舗全てを閉店したので、馴染みの味と煮付け
具合をもう味わえないかと思うと、永年親しんできた味だけにとても残念になります。
 母は伊勢崎のデリシャス(マルシェ伊勢崎店内)でやはりカレイの煮付け、サバの味
噌煮を購入していました。ポタージュスープも忘れることはなかったです。
 彼岸にそのポタージュスープを供えられなかったのは母が鬼籍に入って初めてのこと
でした。父にはメロンパンを用意できましたけど。

◆映画界や芸能ニュースは、午前中のテレビで知ることが多いです。
 というのも自宅にいるときは午前中にお天気情報を観るため、その前後には映画界や
芸能ニュースが扱われています。
 先日は『アウトレイジ最終章』で監督・主演のビートたけしさんと西田敏行さんが「
死生観」について話していました。二人とも今年で古稀です。
 ビートたけしさんはバイク事故から生還した頃を振り返るように、「交通事故でほと
んど死んでた状態から生き返っちゃったから、死生観なんて何にもねえな。いつ死んで
もどうぞっていう、オマケで生きてるようなところあるしね」
 古稀を迎えた最近の心境には、「女性に興味なくなったくらいかな。あと無茶なこと
しなくなった。無理に無茶をしようとするんだけど、どっかで自制心が働いてある程度
で止めるよね。ただ、無難にやってる自分にイライラして無茶をやりたいなと思う」と
語っています。
 西田敏行さんは「心筋梗塞で入院したときには確実にいつか死ぬんだって実感しまし
た。最近は老いを感じますね。40代、50代の頃は自分は永久に死なんかこないんじ
ゃないかという過信がありましたけど、色々体にガタが来るって分かってきた」と語っ
ています。
 その話をランチをともにした友だちに話してみると、半世紀も付きあっている友だち
も、バンド仲間も、「女性に興味なくなり、体にガタが来て、死を実感したことがある」
を共通の答えとして返してきました。
 ある日のランチ会で、「みんなの中でだれが一番あの世のお迎えを受けることになる
か」という話題が出たそうです。私は用事があって不参加でした。
 バンドの中村君も、永いこと付きあっている友だち連中も口を合わせたように、私の
名前をあげたそうです。それを話してくれた滝さんは、「バンドの最年長だからのこと」
と慰めてくれました。滝さんは正直だから、理由がそれだけでないことが眼差しでわか
ります。

 死は生きているすべての人にやってきます。早いか遅いかの違いだけですけど、どう
せなら日野原重明さんみたいな老衰死が良いのですけどね。ただし入院もしていなくて、
誰に手を患わすこともなく、ある日、ポッと老衰が原因で消えていく。そんな都合の良
い死に方は無理というものでしょうか。
 近所には有名な「ぽっくり観音」があるのですけどね。


「書き込みから」

「日曜には渋谷に来たみたいですね。気心知れたと友達との食事や会話は最上の時間だ
ったでしょう。(中略)  東京の友達との友情は更に濃いみたいに感じます。無計画の
計画をたてたり、助けてもらったり助けたりして、お互いの人生に彩りを加えてるみた
い(中略)  日曜に体験したあなたならではの話や、あなたらしいお土産のことや、友
だちとの時間で印象に残ったことなど、次回の日記で読める事を期待してます。」

 結論から書きます。日曜に東京へは行ったものの、渋谷には行けませんでした。

 日曜は友だち夫妻の車が前橋大島駅に迎えにきてくれたので、そこから高崎線の鴻巣
駅まで送ってもらいました。東京での用事は正午までに済ませフリーになりました。
 前橋を発つときに東京の友だちより、「今日は来ますか」との連絡が入りましたので、
「午後1時頃から新大久保を歩いています」と伝え、「すいませんが、玄関にハンカチ
とティシュを忘れました。貸してください。」とのお願いメールも送りました。

 新大久保はすさまじい変わりようです。駅を出て右に折れると、通りの両側は数年前
のコリアンタウン一色ではありません。若い女性を中心に飲食店が賑わい、テイクアウ
トの店には行列ができ、狭い歩道で人波が交差しています。
 反対に駅を左へ曲がると、江戸時代に幕府を守った百人町鉄砲組のお祭りをやってい
て、右側との表情が変わっています。私は18歳で上京して初めてお世話になった友だ
ちの下宿先を探しました。半世紀前、
 下宿先の近くには住宅地にもかかわらず焼き鳥屋があり、凸凹の凹の形をした通りに
下宿先も焼き鳥屋もありました。しかし凹の道が見つかりません。これはと思う道をす
べて歩いてみても直線の道ばかりです。
 それならばと滝さんが十代まで暮らしていた実家付近に行ってみようと、駅から10
分ほどの所にある淀橋第四小学校前まで足を伸ばしてみます。
 実家はかなり前に手放し、その跡地は何戸かの建て売りになっているとのことでした
が、小学校前に立ってみても、皆目見当がつきません。実家付近の写真を撮ることもか
ないませんでした。

 予定通りに友だち二人と会ってから、遅めのランチを済ませて新大久保駅に戻ります。
目的地の一つは渋谷の円山町でした。
 ところがです。山手線が動いていないのです。東京駅で人身事故が発生したため、山
手線は全線ストップしているとの案内です。
 駅周辺の人だかりから離れて新宿まで歩きだすと、私たちばかりでなく、四方の路地
から集まってきた人波が新宿を目指しています。都会らしく、道端で意識を無くして倒
れ込んでいる男性がいても人の流れが止まることはありません。地下街から救急隊の手
によって運び出されている女性にも無関心です。三人も流れからはみだすことなく、無
関心を装うことに徹しました。
 新宿に着いても山手線は動いていません。目的地を渋谷から浅草に変更しました。彼
岸中でもあったので、水子地蔵に手を合わせたかったのです。
 都営地下鉄を乗り継ぎ、雷門に出ました。伝法院通りの「鎮護堂」で係の人に線香の
束へ火を灯していただき、この世に生を得られなかった二人目のわが子と弟に手向けま
した。友だち二人も線香を手にしてくれました。手をつけられなかった宿題をすませた
ような、救われた気持ちになれました。

 浅草で飲むことになり、初音小路の久美子姉さんのお店を目指しました。しかし姉さ
んの姿がないので、大通りに戻り今月オープンしたもんじゃ・お好み焼き屋に入ります。
 日記の書き込みにあった「東京の友達との友情は更に濃いみたいに感じます。無計画
の計画をたてたり、助けてもらったり助けたりして、お互いの人生に彩りを加えてるみ
たい」という内容をこのとき知っていたら、お好み焼きを焼いてもらいながら、もっと
盛り上がっていたと思います。
 東京の友だちとは「無計画の計画」そのもので、前もって会う約束をしたことがあり
ません。いつも突然という感じで会っています。メールや電話では毎日のように近況を
報告しあっているものの、会うのは4月以来、5か月ぶりになっていました。

 お好み焼き屋を出たあとは、いつものように居酒屋『素通り(ストーリー)』へ向かい、
3時間呑み放題をゆったり愉しみました。
 二人に街歩きで印象に残ったことを聞いてみると、
「新大久保がにぎやかなことに驚いた」。私も圧倒されました。
「浅草はいつもの風景でホッとした」。いつ来ても浅草は下町情緒がぎっしで、里帰り
したような懐かしさを覚えます。
 私の感想はというと、「駅の構内のちょっとした段差で滑ったら、二人が体中で笑い
をこらえていた」でした。

 書き込みには「あなたらしいお土産のこと」も書いてありましたが、私はお土産を用
意する時間がなかったので、駅構内の書店で私一押しの本、『せつない動物図鑑』を見
つけて二人に手渡しただけです。
 それなのに二人にはいろんな心遣いをしてもらいました。お仏壇へのお土産、好きな
カラーフルーネックTシャツ。私の好物であるお餅・蜂蜜・青森六片ニンニク。。。
 また、帰りの新幹線・指定席チケットも緑の窓口で指定席手続きして、手渡してくれ
ました。更に車中で飽きないようにと、カップ地酒2本とコロッケサンドとチーズも一
緒です。手渡された袋以上の、重みを感じます。

 午後8時30分過ぎ、二人に見送られて新幹線改札を過ぎました。
 何回か振りかえりました。二人が背伸びして手を振っています。乗降客の中から突き
出た手だけが大きく揺れています。私も手を振りました。するとわずかに乗降客の流れ
に隙間が出来て、二人の顔が一瞬見えました。手を大きく振り合います。
 大人げないことが出来る大人たち。良い旅にしてもらえました。


  :.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*


・午前中に届いたメールに、「プチ旅でお勧めのコースはありますか。」がありました。
 「プチ旅」に出るのならば、今年はいろんな色に染まった紅葉(もみじ)を集めに出
かけてみたいです。赤一色の紅葉もあるでしょうし、黄色や赤のグラデーション紅葉も
あります。発光色のように真っ黄色の紅葉もあります。
 毎年、気に入った落ち葉集めてきては玄関に飾っていますが、今年は一冊の紅葉アル
バムを作ってみたいと思います。紅葉というとすぐに赤城山の山頂付近や軽井沢の森が
頭に浮かびます。軽井沢の「ビッキオ・軽井沢野鳥の森」では、バードウォッチング、
紅葉集め、木の実拾いが楽しめます。
 でも来月の半ば過ぎれば、我が家から車で1時間~90分近く走ればどこでもパーフ
ェクトな紅葉採集ができます。
 藤岡市鬼石の「桜山公園」でしたら、紅葉と冬桜とが見られます。伊香保にも名所が
あります。こちらは清芳亭の「湯ノ花饅頭」をお土産にできるというメリットもありま
す!
 紅葉集めは童心に帰れますし、芸術活動にもなります。山懐に入れる気持ちよさもあ
ります。集めた紅葉は押し花のようにして、2017年記念アルバムにします。友だち
と競ってのアルバム作り、心弾むことでしょう。

・落書き帳「また・また・また」を読み直していて気づきました。日曜にせっかく浅草
へ行っていながら、浅草にたくさんあった「また・また・また」に記載されている店を
思い出さなかったのです。
 久美子姉さんの店の至近距離には、おでんの『まえ田』がありました。
 「プラチナポークステーキ」の店『グリル・グランド』、この店をどうして思い出さ
なかったのだろうかと後悔してしまいます。
 常日頃「美味しいポークステーキが食べたい」と口にしても、我が家周辺にはメニュ
ーにポークステーキのある店が無いのです。自分で作るポークステーキはイメージにほ
ど遠い味でした。
 他にも浅草寺近くにある「久米平内堂」「カンカン地蔵」を久しぶりに訪ね、秘めら
れている歴史をしっかり思い出したかった。
 9月3日に上京したときに寄れなかった地ビール、「隅田川ブルーイング」のことも、
すっかり忘れていました。こんどこそ。。。

 今夜は高級洋酒を味わえる夜になるはずなのですが。。。

         白樺峠、秋の空に湧き上がるタカ柱 - YouTube
         白樺峠タカの渡り イヌワシも渡って行きました - YouTube
 

レンタル掲示板
/85