teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


コツコツ週報7/23【7/17-7/23】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 7月23日(日)22時08分17秒
  ●ついに大暑、一番暑い節季に突入しました。
 個々を乗り切れば、次はもう秋です。

●断想集を更新しました(7/22)→ 【本】高樹のぶ子『マイマイ新子』ちくま文庫

●先週の読書
 まどみちお『まど・みちお詩集』岩波文庫 ★☆☆
 串田 孫一『ものの考え方』学術出版会 ★☆☆
 西村成雄『中国の近現代史をどう見るか』岩波新書 ☆☆☆
 NHK「ブラタモリ」制作班『ブラタモリ 7』KADOKAW ★☆☆
 山折哲雄『神と仏 日本人の宗教観』講談社現代新書 ★★☆
 芥川竜之介『年末の一日・浅草公園』岩波文庫 ☆☆☆
 
 

コツコツ週報7/16【7/10-7/16】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 7月16日(日)15時29分17秒
  ●蝉の鳴き声に気がつきました。いつから鳴いていたのだろう?
 ことしも早くからミンミンゼミの声が混じっています。

●断想集を更新しました(7/16)→ 【街】横浜橋商店街をつっきって(後篇)

●先週の読書
 小林敏明『夏目漱石と西田幾多郎』岩波新書 ★★☆
 高樹のぶ子『マイマイ新子』ちくま文庫 ★★☆
 荻昌弘『男のだいどこ』文芸春秋【読納】 ★★☆
 榊原富士子/池田清貴『親権と子ども』岩波新書 ☆☆☆
 吉田秋生『海街 diary 8』小学館 ★★☆
 

コツコツ週報7/9【7/3-7/9】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 7月 9日(日)18時54分40秒
  ●早くも一年の半分がすぎ。小暑に突入しました。

●断想集を更新しました(7/8)→ 【街】横浜橋商店街をつっきって(中篇)

●先週の読書
 京都新聞社(編)『中村武生とあるく洛中洛外』京都新聞出版センター ★☆☆
 赤江達也矢『内原忠雄』岩波新書 ☆☆☆
 池澤夏樹知の仕事術『集英社インターナショナル新書 ★★☆
 梅林宏道『在日米軍』岩波新書 ☆☆☆
 甲斐信枝『雑草のくらし』福音館書店 ★★★
 

コツコツ週報7/2【6/26-7/2】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 7月 2日(日)17時08分23秒
編集済
  ●一年の半分が過ぎました。
 鶴岡八幡宮にて夏越しの祓。
 正式なお祓いを受けたのではなく個人的に茅の輪をくぐりました。

●断想集を更新しました(7/2)→ 【街】横浜橋商店街をつっきって(前篇)

●先週の読書
 尾瀬あきら『どうらく息子 17』小学館 ★★☆
 北杜夫『人間とマンボウ』中公文庫[古書] ★☆☆
 ムライ『京都ご近所物語』イースト・プレス ★★☆
 服部茂幸『偽りの経済政策』岩波新書 ☆☆☆
 

コツコツ週報6/25【6/19-6/25】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 6月25日(日)21時40分31秒
編集済
  ●夏至が過ぎました。
 街あるきをしたり、墓参りへ行ったり、市長選投票など色々ありました。

●断想集を更新しました(6/25)→ 【本】三好昌子『京の縁結び 縁見屋の娘』

●先週の読書
 武者小路実篤『釈迦』岩波文庫 ☆☆☆
 半村良『小説浅草案内』ちくま文庫 ★☆☆
 中井精也『都電荒川線フォトさんぽ』玄光社 ★★☆
 芥川竜之介『蜜柑・尾生の信』岩波文庫 ★☆☆
 三好昌子『京の縁結び 縁見屋の娘』宝島社文庫 ★★☆
 

コツコツ週報6/18【6/12-6/18】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 6月18日(日)20時11分23秒
編集済
  ●二十四節季の芒種も過ぎ、つぎはいよいよ夏至です。

●断想集を更新しました(6/17)→ 【本】半村良『小説浅草案内』

●先週の読書
 津村記久子『まぬけなこよみ』平凡社 ★★☆
 泉麻人『東京いい道、しぶい道』中公新書クラレ ★☆☆
 岡村秀典『鏡が語る古代史』岩波新書 ☆☆☆
 山川直人『珈琲桟敷の人々』KADOKAWA ★★☆
 

コツコツ週報6/11【6/5-6/11】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 6月11日(日)18時53分30秒
  ●二十四節季の芒種も過ぎ、つぎはいよいよ夏至です。

●断想集を更新しました(6/10)→ 【街】小岩界隈(後篇)

●先週の読書
 中井精也『デジタル一眼レフカメラと写真の教科書』インプレス ★★★
 稲垣紀洋『道草の名前』マイルスタッフ ★★
 林望『習近平の中国』岩波新書 ☆☆☆
 

天皇

 投稿者:みね  投稿日:2017年 6月 6日(火)21時26分13秒
  > 農園亭主さん
根拠のない想像です。
 

RE:天皇

 投稿者:休業中の農園亭主  投稿日:2017年 6月 6日(火)15時54分8秒
  それは面白い見方ですね、現代でもどこかの会社の後継社長選びの内幕暴露記事?を読んでいるような。
その見解はどんな資料に基づくものなのですか。
倭王権の盟主(大王)が中国の文書等で確認できるのは「倭の五王」時代からだとすると、
大中国にとって取るに足らないような辺境の島国の内輪話などが記載されているとは思えないのですが。

 

コツコツ週報6/4【5/29-6/4】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 6月 4日(日)21時37分54秒
  ●五月も終わり、六月に突入しました。
 毎度の感慨は……ひかえます。

●断想集を更新しました(6/4)→ 【街】小岩界隈(前篇)

●先週の読書
 伊藤史織『異才、発見!』岩波新書 ☆☆☆
 井田徹治『霊長類 』岩波新書 ☆☆☆
 田中ひろみ『お坊さんに聞く108の智慧』京都造形芸術大学東北芸術工科大学出版局)藝術学舎 ★★☆
 

天皇

 投稿者:みね  投稿日:2017年 6月 4日(日)21時37分26秒
  > 農園亭主さん
一番力を持った豪族が皇室となったわけではないようです。
むしろ調和をとるために、一番ではないところがなったようです。
皇室は権威づけのための家柄となり、権力をもつ家柄は別に存在し、
一番の座を目指し、しばしば権力闘争も行ったようです。
そんなとき、皇室はその結果をじっと見守っていたのでしょう。
そして勝った方を権威付けするのが役割だったのでしょう。
 

天皇125代と日本の歴史

 投稿者:休業中の農園亭主  投稿日:2017年 6月 1日(木)16時01分52秒
  断想集で採り上げられた「天皇125代と日本の歴史」、珍しく小生も店頭で見かけて購入していました。
著者のいう民の平安を祈る「観念的な」君主意識を現天皇も少なからず持ち続けているのでしょうね。
数ある豪族の中で勝ち残った者が後に天皇を標榜し、権威付けに神話を含む歴史書を創造した結果論のような気もします。
歴史は所詮勝者のものでしょうから。
列島支配の実力から見て徳川王国が天皇家打倒の可能性が最も高かったように思われます。
しかし、既に現世的権力を手放さざるを得ず神話的正統性のみで生き永らえていた天皇家を滅ぼす必要性を感じず、
新たな神話を創るのも手間がかかり過ぎると判断したのではないでしょうか。
 

コツコツ週報5/28【5/22-5/28】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 5月28日(日)16時23分18秒
  ●三浦半島二大霊場大開帳一ヶ月にわたり開催されていました。
 薬師如来と不動明王の霊場のご開帳です。
 とても全部はまわれませんが、何カ寺かにお参りしてきました。
 前者は三十三年に一度、後者は十二年に一度のご開帳です。
 今回は同時開催となりましたが、これは百三十二年に一度のことです。
 十二年後はわかりませんが、三十三年後はまず無理でしょう。百三十二年後は絶対に無理。
 まあ、おそらくは今回が最初(ご開帳のことを知ったのは今回が初めて)で最後でしょう。

●断想集を更新しました(5/28)→ 【本】甲斐信枝『ざっそう』

●先週の読書
 高島俊男『お言葉ですが… 別巻7』連合出版 ★★☆
 

コツコツ週報5/21【5/15-5/21】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 5月21日(日)22時28分26秒
  ●年に一度のクラス会。
 横浜中華街で食って飲んで、ホテルのバーでまた飲んで。
 といっても、さすがに量は減っている。
 大いなるマンネリ、心地よし。

●断想集を更新しました(5/20)→ 【本】山本博文『天皇125代と日本の歴史』

●先週の読書
 甲斐信枝『ざっそう』福音館書店 ★★☆
 復本一郎『正岡子規人生のことば』岩波新書 ★★☆
 柏井壽『できる人の「京都」術』朝日新書 ★★☆
 

コツコツ週報5/14【5/8-5/14】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 5月14日(日)16時55分43秒
  ●目下、当地では「三浦半島二大霊場大開帳奉修」と称して、
 三十三年に一度の薬師如来ご開帳と十二年に一度の不動尊ご開帳が
 同時開催されています。
 薬師如来が二十八札所、不動尊が十六札所で一ヶ月間ご開帳されています。
 おそらくは最後の機会と思い、このなかのいくつかを巡っています。

●断想集を更新しました(5/14)→ 【本】湯浅浩史『日本人なら知っておきたい四季の植物』

●先週の読書
 毛里和子『日中漂流』岩波新書 ☆☆☆
 湯浅浩史『日本人なら知っておきたい四季の植物』ちくま新書 ★★☆
 山本博文『天皇125代と日本の歴史』光文社新書 ★★☆
 

コツコツ週報5/7【5/1-5/7】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 5月 7日(日)21時53分47秒
  ●毎年恒例の BBQ に参加しました。
 例年のごとく若い人たちとの会話で少し若返ったかも。

●断想集を更新しました(5/7)→ 【本】森まゆみ『東京老舗ごはん』

●先週の読書
 西永良成『『レ・ミゼラブル』の世界』岩波新書 ☆☆☆
 森まゆみ『東京老舗ごはん』ポプラ文庫 ★☆☆
 稲垣栄洋『オスとメスはどちらが得か?』祥伝新書社 ★★★
 高村薫『作家的覚書』岩波新書 ★☆☆
 坂井豊貴『ミクロ経済学入門の入門』岩波新書 ☆☆☆
 

コツコツ週報4/30【4/24-4/30】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 4月30日(日)16時58分55秒
  ●三浦半島の薬師如来霊場が三十三年、不動尊霊場が十二年に一度のご開帳が二十八日から始まりました。期間は一ヶ月。
 二大霊場が同時にご開帳となるのは百三十二年に一度ですが、これはあまり意味の無い数字ですね。
 薬師如来が二十一札所、不動尊が二十八札所。両方兼ねた札所もあります。
 ということで、まずは、近所の満願寺でお参りにいきました。
 思いのほか、良き仏像でした。

●断想集を更新しました(4/30)→ 【本】三上延 『ビブリア古書堂の事件手帖 7』

●先週の読書
 川島真『中国のフロンティア』岩波新書 ☆☆☆
 澤康臣『グローバル・ジャーナリズム』岩波新書 ☆☆☆
 亀田達也『モラルの起源』岩波新書 ☆☆☆
 三上延 『ビブリア古書堂の事件手帖 7』メディアワークス文庫 ★★★
 

コツコツ週報4/23【4/17-4/23】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 4月23日(日)17時57分59秒
  ●クレジットカードが不正使用されそうになっていたことがカード会社からの確認電話で判明。
 ネットで番号を盗まれてしまったようだ。心あたりがあるようなないような。
 被害がなければよいのだが。

●断想集を更新しました(4/23)→ 【本】田中ひろみ『東京・鎌倉仏像めぐり』

●先週の読書
 三谷太一郎『日本の近代とは何であったか』岩波新書 ☆☆☆
 磯田道史『江戸の家計簿』宝島社新書 ★☆☆
 田中ひろみ『東京・鎌倉仏像めぐり』ウェッジ ★★☆
 外山滋比古『逆説の生き方』講談社 α 文庫 ★★☆
 青山弘之『シリア情勢 』岩波新書 ☆☆☆
 

コツコツ週報4/16【4/10-4/16】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 4月16日(日)16時11分47秒
編集済
  ●いとうせいこうさんの「浅草の重鎮の一周忌に出た」という書き込みを読み
 もしやと思って調べたら、
 浅草の扇店荒井文扇堂の荒井修さんが一年前に亡くなってたことを知りました。
 荒井さんは扇子の伝統を引き継ぎ、また新しい世界を切り開くととも、
 三社祭の舟渡御を復活したり、平成中村座の運営などにも大いに貢献していました。
 著書『江戸のセンス』にサインを貰いに行き、お話をお伺いしたこともあります。
 ブログの更新が止まっていたので気になっていたのですが、嫌な予感が的中してしまいました。
 謹んでご冥福をお祈りいたします。合掌。

●断想集を更新しました(4/16)→ 【本】吉田伸夫『宇宙に「終わり」はあるのか』

●先週の読書
 近藤浩一路『漫画吾輩は猫である』岩波文庫 ★★☆
 今野真二『北原白秋』岩波新書 ★☆☆
 吉田伸夫『宇宙に「終わり」はあるのか』ブルーバックス ★★☆
 

コツコツ週報4/9【4/3-4/9】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 4月 9日(日)18時18分2秒
  ●週初めにはニリンソウの群落を見に行ったり、鎌倉の桜を見にいったりしました。
 どちらもちょっとだけ早すぎたようですが。
 週後半から気温がぐんと上がり、そして週末は雨。
 桜はあまり愛でられることもなく散ってしまったのでしょうか?

●断想集を更新しました(4/9)→ 【本】水谷哲也『バグは本当に虫だった』

●先週の読書
 原田國男『裁判の非情と人情』岩波新書 ★☆☆
 井田茂『系外惑星と太陽系』岩波新書 ★☆☆
 宮内泰介『人びとの自然再生』岩波新書 ☆☆☆
 水谷哲也『バグは本当に虫だった』ペンコム ★★☆
 

コツコツ週報4/2【3/27-4/2】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 4月 2日(日)14時59分45秒
編集済
  ●早くも四月に突入しました。
 一年の四分の一が過ぎてしまいました。
 思っていたことがほとんどできないうちに月日だけが過ぎていきました。
 こんなことでは、やり残しが多発。悔いが残ります。
 と、毎月はじめに思うのですが、なにも変わりません。

●断想集を更新しました(4/2)→ 【本】海野和男『昆虫たちの世渡り術』

●先週の読書
 NHK「ブラタモリ」制作班『ブラタモリ 5』KADOKAWA ★★☆
 高見勝利『憲法改正とは何だろうか』岩波新書
 

コツコツ週報3/26【3/20-3/26】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 3月26日(日)16時20分23秒
  ●ぽかぽか陽気と思いきや、一転して寒い週末に。
 これも三寒四温、なのでしょうか。

●断想集を更新しました(3/26)→ 【本】柏井壽『鴨川食堂』

●先週の読書
 柏井壽『鴨川食堂』小学館文庫 ★★☆
 海野和男『昆虫たちの世渡り術』河出書房新社 ★★☆
 金成隆一『ルポ トランプ王国』岩波新書 ★☆☆
 

コツコツ週報3/19【3/13-3/19】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 3月19日(日)14時44分26秒
編集済
  ●週が明ければ、すぐに春分。
 梅はすでに盛りをすぎ、モクレンや早咲きの桜もあちこちで満開。
 すっかり春になりました。

●断想集を更新しました(3/19)→ 【本】平藤喜久子『日本の神様と楽しく生きる』

●先週の読書
 田中修『ありがたい植物』幻冬舎新書 ★★☆
 平藤喜久子『日本の神様と楽しく生きる』東邦出版 ★☆☆
 

コツコツ週報3/12【3/6-3/12】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 3月12日(日)18時25分43秒
編集済
  コツコツ週報3/12【3/6-3/12】
●ポカポカのようで、まだ肌寒いようで……、油断のならない時期です。

●断想集を更新しました(3/12)→ 【本】呉座勇一『応仁の乱』

●先週の読書
 松井孝典『文明は〈見えない世界〉がつくる』岩波新書 ★☆☆
 呉座勇一『応仁の乱』中公新書 ★★☆
 

コツコツ週報3/5【2/27-3/5】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 3月 5日(日)17時38分30秒
  ●はやくも二月が終わり、三月に突入しました。
 啓蟄をむかえ、いよいよ本物の春です。

●断想集を更新しました(3/5)→ 【本】近藤 浩一路『漫画坊っちゃん』

●先週の読書
 松井孝典『文明は〈見えない世界〉がつくる』岩波新書 ★☆☆
 外山滋比古『知的な老い方』だいわ文庫 ★★☆
 井上章一『京女の嘘』PHP 京都しあわせクラブ ★★☆
 

コツコツ週報2/26【2/20-2/26】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 2月26日(日)23時18分52秒
  ●春めいてきました。
 道ばたも少しずつ色づいてきたようです。
 ちょっとずつ賑やかになってきます。
 が、去年覚えた花の名前がすんなりとは出てきません。
 頭の中はまだ冬眠中なのかも?
 永眠ではないことを祈ります。

●断想集を更新しました(2/25)→ 【本】近藤 ようこ『夢十夜』

●先週の読書
 斎藤美奈子『文庫解説ワンダーランド』岩波新書 ★★☆
 田中 敦『落語と歩く』岩波新書 ★★☆
 NHK「ブラタモリ」制作班『ブラタモリ 6』KADOKAWA ★★☆
 

コツコツ週報2/19【2/13-2/19】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 2月19日(日)12時16分33秒
  ●春一番が吹き荒れました。
 が、そのあと、さほど暖かくはなっていないような気も……。

●ネットでの確定申告 e-Tax をなんとか終えました。
 その際の苦労伝々、じゃなくて、苦労云々を断想集に掲載しました。

●断想集を更新しました(2/19) →Mac で e-Tax, 2017

●先週の読書
 近藤 浩一路『漫画坊っちゃん』岩波文庫 ★★☆
 暉峻淑子『対話する社会へ』岩波新書 ☆☆☆
 森見 登美彦『美女と竹林』光文社文庫 ★★☆
 

コツコツ週報2/12【2/6-2/12】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 2月12日(日)22時15分53秒
編集済
  ●『坊ちゃんの時代』『孤独のグルメ』などの漫画家谷口ジローさんがお亡くなりになられました。
 ご冥福をお祈りいたします。

●二日間で五件という珍しく慌ただしい週末をすごしました。
 しかも、途中でみぞれが降ったり、電車が止まってしまったりともりだくさんでした。

●断想集を更新しました(2/12) →【本】世良 利和・いしい ひさいち『まぁ映画な、岡山じゃ県 シネマ珍風土記』

●先週の読書
 村上政博『独占禁止法 新版』岩波新書 ☆☆☆
 近藤 ようこ『夢十夜』岩波書店 ★★☆
 宮本太郎『共生保障』岩波新書 ☆☆☆
 串田 孫一『古典との対話』ちくま学芸文庫 ★★☆
 

コツコツ週報2/5【1/30-2/5】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 2月 5日(日)15時28分32秒
  ●はやくも立春をむかえました。
 例年のごとく深川不動の護摩法要に参加しました。
 ことしは方位除けです。
 そのあと両国まで歩き、開館間もないすみだ北斎美術館を訪れました。
 ここの常設展は力が入っていますね。

●断想集を更新しました(2/3) →【街】亀戸天神社(後篇)

●先週の読書
 寺島実郎『シルバー・デモクラシー』岩波新書
 国谷裕子『キャスターという仕事』岩波新書
 池田嘉郎『ロシア革命 破局の8か月』岩波新書
 

コツコツ週報1/29【1/23-1/29】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 1月29日(日)15時48分53秒
  ●一月二十八日は旧暦の睦月一日、つまり元日ですね。
 厳しい寒さにも見舞われましたが、二月三日が節分、四日は立春です。
 春になります。

●断想集を更新しました(1/29) →【街】亀戸天神社

●先週の読書
 小沢 信男『俳句世がたり』岩波新書 ★☆☆
 青野 太『パウロ 十字架の使徒』岩波新書 ☆☆☆
 赤瀬川 原平『少年と空腹』中公文庫 ★☆☆
 

コツコツ週報1/22【1/16-1/22】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 1月23日(月)11時00分45秒
編集済
  ●二十日から大寒に突入しました。
 一年で一番寒い時期ですね。
 でも、ここを凌げば立春、春がすぐそこまで来ています。
 日が長くなっているのも実感できますね。

●断想集を更新しました(1/22) →【本】真船 きょうこ『美どらま 日本美術史ナナメ読み』

●先週の読書
 金子 勝『悩みいろいろ』岩波新書 ☆☆☆
 酒井 順子『ズルい言葉』ハルキ文庫 ★★☆
 赤木 昭夫『漱石のこころ』岩波新書 ★☆☆
 柏井 壽『京都に行く前に知っておくと得する50の知識』ワニブックス ★★☆
 

コツコツ週報1/15【1/7-1/15】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 1月15日(日)23時14分29秒
  ● サイト を下記に移転しました。

  http://www.geocities.jp/minetak_1001

●空気が冷たくなってきました。
 週末は雪がちらつきました。ことしも積もる日があるのでしょうか?

●断想集を更新しました(1/15) →【本】澤江 ポンプ『悟りパパ』

●先週の読書
 十川 信介『夏目漱石』岩波新書 ★☆☆
 正岡 子規『獺祭書屋俳話・芭蕉雑談』岩波文庫 ☆☆☆
 柏井 壽『極みの京都』光文社知恵の森文庫 ★★☆
 高島 俊男『漢字と日本語』講談社現代新書 ★☆☆
 小林 丈広・高木 博志・三枝 暁子『京都の歴史を歩く』岩浪新書【再読】 ★☆☆
 

コツコツ週報1/6【1/1-1/6】

 投稿者:みね  投稿日:2017年 1月 6日(金)16時40分1秒
  ★★★ 重要なお知らせ ★★★

 1/7より本サイトは下記に移転します。

 http://www.geocities.jp/minetak_1001

 従来のサイトは1/末をもって閉鎖されます。
 Webスペースを利用していた Jcom のサービス提供終了に起因する移転です。

●新年おめでとうございます。
 寒の入り、小寒に突入しました。

●移転作業のため、今週は更新できませんでした。

●先週の読書
 十川 信介『夏目漱石』岩波新書 ★☆☆
 正岡 子規『獺祭書屋俳話・芭蕉雑談』岩波文庫 ☆☆☆
 柏井 壽『極みの京都』光文社知恵の森文庫 ★★☆
 

コツコツ週報12/31【12/26-12/31】

 投稿者:みね  投稿日:2016年12月31日(土)12時14分20秒
編集済
  コツコツ週報12/31【12/26-12/31】
●あっという間に一年が終わってしましました。

●新年早々の課題は、本サイトの移転です。
 いそがなければならないのですがまだ何も手を打っていません。
 いまのサイトは一月いっぱいで消えてしまいます。
 掲示板は残りますので、移転が済んだら、ここでもご案内いたします。
 よろしければこの掲示板の URL をブックマークしておいて下さい。
 http://6304.teacup.com/mine/bbs

●断想集を更新しました(12/30) →【本】2016 ことしの読書

●先週の読書
 新井 潤美『パブリック・スクール 』岩波新書 ★☆☆
 獅子文六『自由 学校』ちくま文庫 ★★☆
 柏井 壽『ゆるり京都おひとり歩き』光文社新書 ★★☆
 澤江 ポンプ『悟りパパ』集英社 ★★☆
 

コツコツ週報12/25【12/19-12/25】

 投稿者:みね  投稿日:2016年12月30日(金)18時50分17秒
  ●あっという間に冬至が過ぎ、日が伸びています。
 とっても寒さの本番はこれからですが。
 ことしもあと一週間。すぐに正月ですね。

●断想集を更新しました(12/24) →【本】万城目 学『とっぴんぱらりの風太郎』

●先週の読書
 高橋 源一郎『読んじゃいなよ!』岩波新書 ★☆☆
 真船 きょうこ『美どらま 日本美術史ナナメ読み』KADOKAWA ★★☆
 大竹 聡『多摩川飲み下り』ちくま文庫 ★★☆
 川名 壮志『密着最高裁のしごと』岩波新書 ☆☆☆
 齋藤 孝『新しい学力:岩波新書 ☆☆☆
 尾瀬 あきら『どうらく息子 16』小学館 ★★☆
 

コツコツ週報12/18【12/12-12/18】

 投稿者:みね  投稿日:2016年12月18日(日)22時44分58秒
  ●年の瀬が迫り慌ただしくなってきました。
 隠居の身なれど、年内にやってしまいたいことなどがあり、あたふたしています。

●このサイトは Jcom の Webスペースを使っていますが、来年1月でサービスが停止になるとか。
 いそいで、引っ越し先をみつけなければ……。
 といいながら、例によって重い腰があがありません。

●断想集を更新しました(12/17) →【街】谷根千(後篇)

●先週の読書
 横光利一『旅愁 下』岩波文庫 ☆☆☆
 久住 昌之『荒野のグルメ 2 』日本文芸社 ★★☆
 世良 利和・いしい ひさいち『まぁ映画な、岡山じゃ県 シネマ珍風土記 2』蜻文庫 ★★☆
 柏井 壽『おひとり京都の愉しみ』光文社新書 ★★☆
 

コツコツ週報12/11【12/5-12/11】

 投稿者:みね  投稿日:2016年12月11日(日)11時43分59秒
  ●七日は二十四節季の大雪でした。
 季節も大詰めですね。次はもう冬至です。
 年内にやるべきことを書きだしてみたら山ほどありました。
 慌ただしく消化し、いくつは先送りしながら年が変わるのでしょうね。

●断想集を更新しました(12/10) →【街】谷根千(前篇)

●先週の読書
 池内 紀『きょうもまた好奇心散歩』新講社 ★★☆
 串田 孫一『考えることについて』徳間文庫カレッジ ★★☆
 中野 弘子『よそさんが心地いい京都』筑摩書房 ☆☆☆
 

コツコツ週報12/4【11/28-12/4】

 投稿者:みね  投稿日:2016年12月 4日(日)12時09分46秒
  ●とうとう12月に突入しました。
 ことしも残すところ一ヶ月弱。
 ときの過ぎゆく早さが身に染みています。

●断想集を更新しました(12/2) →【本】津野 海太郎『読書と日本人』

●先週の読書
 津野 海太郎『読書と日本人』岩波新書 ☆☆☆
 万城目 学『とっぴんぱらりの風太郎 上』文春文庫 ★★☆
 万城目 学『とっぴんぱらりの風太郎 下』文春文庫 ★★☆
 

老眼鏡

 投稿者:みね  投稿日:2016年12月 4日(日)11時25分38秒
  > 休業中の農園亭主さん
わたしも読む時、書く時は眼鏡をかけています。遠近両用です。
百均の老眼鏡は、焦点の合う範囲が狭いので、ちょっと視線を移すと見えなくなってしまいます(わたしの場合)。なのであくまでも緊急用ということにしています。
 

老眼鏡

 投稿者:休業中の農園亭主  投稿日:2016年11月29日(火)18時42分35秒
  字が細かすぎて極力避けていた文庫本、どうしても読んでみたい物があったので買いましたが苦労しました。仕方なく老眼鏡を作ったところ効果てきめん嘘のように読み易くなりました。老後の読書に選択肢が増えそうです。  

コツコツ週報11/27【11/21-11/27】

 投稿者:みね  投稿日:2016年11月27日(日)22時23分12秒
  ●十一月二十二日からは二十四節季の小雪。
 でも、雪なんて、と思っていたら二十四日は首都圏で雪が積もりました。
 もっともわが家の近辺では一瞬雪が降っただけでまったく積もりませんでしたが。

●断想集の更新はお休みしました。

●先週の読書
 濱田 武士『魚と日本人』岩波新書 ☆☆☆
 坂口 裕彦『ルポ難民追跡 』岩波新書 ☆☆☆
 川崎 一洋『弘法大師空海と出会う』岩波新書 ☆☆☆
 

コツコツ週報11/20【11/14-11/20】

 投稿者:みね  投稿日:2016年11月20日(日)21時58分31秒
  ●十四日は満月がとりわけ大きく見えるスーパムーンでしたが、
 生憎のお天気で顔を出しませんでした。

●紅葉真っ盛りの箱根へ行きました。
 平日でも乗り物は超満員でした。
 目的地の箱根美術館と成川美術館の混み具合はそこそこでしたが。

●断想集を更新しました(11/20) →【本】森見 登美彦『聖なる怠け者の冒険』朝日文庫

●先週の読書
 佐和 隆光『経済学のすすめ』岩波新書 ☆☆☆
 NHK「ブラタモリ」制作班『ブラタモリ 4』KADOKAWA ★☆☆
 ブラッドレー・ボンド『ニンジャスレイヤー 1』KADOKAWA ★☆☆
 柏井 壽『おひとり京都の夏涼み』光文社知恵の森文庫 ★★☆
 

コツコツ週報11/13【11/7-11/13】

 投稿者:みね  投稿日:2016年11月13日(日)21時22分52秒
編集済
  ●小中高と一緒だった友人が他界しました。
 いろいろなことを考えてしまいました。

●アメリカの大統領選挙は意外な結果でした。
 ヒラリーというのはよっぽど人気のない人物のようですね。
 前回のオバマとの予備選、今回のトランプとの本選、どちらも有力視されながら大敗してしまうとは。

●断想集を更新しました(11/12) →【本】太田 和彦『ひとり飲む、京都』

●先週の読書
 稲垣 栄洋『野に咲く花便利帳』主婦の友社 ★☆☆
 太田 和彦『ひとり飲む、京都』新潮文庫 ★★☆
 NHK「ブラタモリ」制作班『ブラタモリ 3』KADOKAWA ★☆☆
 菊池 寛『父帰る・藤十郎の恋』岩波文庫 ★☆☆
 

コツコツ週報11/6【10/31-11/6】

 投稿者:みね  投稿日:2016年11月 6日(日)22時03分40秒
  ●九月に予定していたが台風で流れてしまった BBQ が開催されました。
 WEB、デザイン関係の先生と生徒のつどいにまぎれ込んで参加しました。
 毎度のことながら、若いひとたちと一緒にいると気持ちが明るくなってきます。

●小中高の同級生が亡くなり告別式に行ってきました。
 死が身近になってきました。
 〝死に顔を見られるのは嫌だなあ〟唐突にそんな感慨が湧いてきました。

●断想集を更新しました(11/6) →【本】竹久 夢二『竹久夢二詩画集』

●先週の読書
 竹久 夢二『竹久夢二詩画集』岩波文庫 ★★☆
 森見 登美彦『聖なる怠け者の冒険』朝日文庫 ★★☆
 柏井 壽『おひとり京都冬のぬくもり』光文社知恵の森文庫 ★★☆
 倉田 喜弘 編『近代はやり唄集』岩波文庫 ☆☆☆
 

ゼームス坂

 投稿者:みね  投稿日:2016年11月 2日(水)11時40分46秒
  > 休業中の農園亭主さん

現地の案内地図を見ただけのうろ覚えですが、環七が国道一号線と交差する近くからはじまっていたように思います。そこから西のほうへ向かっていました。どこへ行くのかは確かめていません。

かつてはよく足が吊りそうになりましたが、最近は治まっています。そのかわりふくらはぎやアキレス腱がすぐに張ってしまいます。それ以上にカメラの重みによる肩凝りが激しくて・・
 

ゼームス坂

 投稿者:休業中の農園亭主  投稿日:2016年10月31日(月)18時16分45秒
  大井町から新馬場方面に抜けるゼームス坂は知っていましたが馬込~大森間にも在ったのですか、知りませんでした。
2万歩も歩いて帰宅後足が吊ることはなかったのですか。
 

コツコツ週報10/30【10/24-10/30】

 投稿者:みね  投稿日:2016年10月30日(日)16時07分15秒
編集済
  ●寒くなってきました。
 そして十月もおしまい。
 今年もあと二ヶ月で終わってしまいます。
 この時間経過のペースについていけません。あとがないのに

●三十一日はブラックムーンです。
 同じ暦月で二度目の新月です。
 因みに、同じ暦月で二度目の満月はブルームーンといいます。
 (ただし、ブルームーンにはほかの意味もあります)

●断想集を更新しました(10/29) →【街】西大井如来寺から馬込文士村(後篇)

●先週の読書
 中村 明『日本の一文30選』岩波新書 ☆☆☆
 籔内佐斗司『仏像風土記 関西、四国、中国、九州』ビジュアルだいわ文庫 ★☆☆
 飯島 裕子『ルポ貧困女子』岩波新書 ☆☆☆
 みうら じゅん『アレの名前大百科』PHP文庫 ★☆☆
 世良 利和・いしい ひさいち『まぁ映画な、岡山じゃ県! シネマ珍風土記 1』蜻文庫 ★☆☆
 

コツコツ週報10/23【10/17-10/23】

 投稿者:みね  投稿日:2016年10月23日(日)18時52分22秒
  ●横須賀芦名の浄楽寺でご開帳があったが今回は別の用事があって行くこと叶わず。
 かわりに大井の如来寺に行きました。大きな五体の如来さまには圧倒されました。
 詳しくは↓↓

●断想集を更新しました(10/23) →【街】西大井如来寺から馬込文士村(前篇)

●先週の読書
 柏井 壽『おひとり京都の春めぐり』光文社知恵の森文庫 ★★☆
 神田 千里『戦国と宗教』岩波新書 ★☆☆
 

コツコツ週報10/16【10/10-10/16】

 投稿者:みね  投稿日:2016年10月16日(日)18時11分13秒
  ●秋めいてきました。
 ぐうんと冷え込んで風邪を引きました(笑)
 そんな体調を気にしながら、後北条の影を見てきました。
 といっても小田原ではなく、大船(鎌倉市)の玉縄城趾の周囲ですが。

●断想集を更新しました(10/15) →【本】大沢 在昌『鮫島の貌』『悪人海岸探偵局 』

●先週の読書
 大沢 在昌『悪人海岸探偵局 』双葉文庫 ★☆☆
 柏井 壽『おひとり京都の秋さがし』光文社知恵の森文庫
 

コツコツ週報10/9【10/3-10/9】

 投稿者:みね  投稿日:2016年10月 9日(日)16時11分19秒
  ●法事で大阪へ行きました。
 前日に出てちょこっと奈良へ。
 京都から近鉄で奈良に行くのは初めてです。
 興福寺で阿修羅に挨拶し、東大寺で金剛力士をじっくり拝観してきました。
 って、小学生の遠足コースですね。それもまたよし。
 法事のあとは、難波から梅田まで歩いてきました。
 ちょっとお疲れさん、状態です。

●断想集を更新しました(10/9) →【本】野村 陽子『細密画で楽しむ里山の草花100』

●先週の読書
 野村 陽子『細密画で楽しむ里山の草花100』中経の文庫 ★★☆
 外山 滋比古『消えるコトバ・消えないコトバ』PHP新書 ★☆☆
 内田樹『ひとりでは生きられないのも芸のうち』文春文庫 ★★☆
 牧野 富太郎『なぜ花は匂うか』平凡社 ★★☆
 

レンタル掲示板
/23