teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. !! ★ 注目!! 【ドイツと日本の 修好150年を記念して、カンタータを歌いませんか!!】 (0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


茉莉花

 投稿者:せーちゃん  投稿日:2012年 6月20日(水)16時21分42秒
  昨日は「コール茉莉花」の演奏会でした。台風直撃前で、集客が心配されましたが
いつも通り、ほぼ満席でした。「くさぶえ」のチケット購入協力、どうもでした。
12月は多大なお返しを期待して・・

それにしても帰りの電車は台風の見送り、強風とどしゃ降りの雨の中、危うい帰途でしたね。
参加された皆さんは無事に帰られましたか?
「くさぶえ」のサマーコンサートも、終わってお客様が帰りだしたとたん、
スコールでしたよね。思い出しました。
 
 

新川和江さん

 投稿者:ローズ  投稿日:2012年 6月11日(月)21時38分43秒
編集済
  ネットで、新川さんの ホーム>スペシャル対談(2010年8月)を読みました。

      「母として女性として寄りかからない人生を」
      ー子育て中のお母さんと子育て支援者のためにー

<母とはあらゆるものを生み出す大地であることを妊娠・出産を通して心と体で
感じました。> という所で話されていたことが興味深かったです。

編集者の「 お母さんの声と言えば先生の詩には、子守歌をうたった詩がいくつか
ありますね。」という問いかけに、

新川さんが、「歌」というタイトルで3本の作品があります。「はじめての子をもったとき」で
始まる詩と、もう一つ中原中也さんの詩を引用して書いた詩も、「やさしい母の声」をうたったもの。

後者は残念ながら生まれなかった子どもたちへの詩で、わが子だけでなく、すべての命へ捧ぐ詩ですと
話していました。私達が歌った曲はまさに、すべての命に捧ぐ曲だったのですね。
Hちゃんの「震災のあの日、失われた命と新しく生まれた命…」の話と共に曲を理解する上で
とても参考になりました。

他にも対談が前後に続いていますが、読みやすく、新川さんの事が身近に感じられました。
おしゃれな洋服や帽子もとてもお似合いで、素敵な女性だな~と思いました。
もっと新川さんのことが知りたくなりました。詩集を読んでみようかな。
 

新宿合唱祭に参加

 投稿者:くらぽん  投稿日:2012年 6月 8日(金)13時23分53秒
編集済
  あす 6月9日(土)は
第32回新宿合唱祭「初夏にうたおう」 に参加して
日ごろの練習成果を発揮します

わが 合唱団くさぶえ の出番は
15時30~45分ごろ
全体合唱の「ロンドンデリーのうた」を これぞ見本として歌い
そのまま
「O Schöne Nacht」  19世紀作曲家 ヨハネス・ブラームス 四重唱曲作品92番より
「歌」           新川和江 詩/中島晴子 作曲 4つの組曲「夢のうちそと」のうち1曲
の2曲を披露します

場所は 新宿文化センター 大ホールにて
新宿からあるいて 花園神社からちょっと先のところです

祭 というからに われわれ以外にも
新宿区内で日々練習している たくさんの団体が
昼の12時から夕方17時ごろまで 盛りだくさんでやってます

お近くにお住まいの方、近くじゃなくとも新宿の方面に用事があってちょっと時間をもてあましている方
用事がまったくなくて、やっぱり時間をもてあましている方などなど
ぜひぜひお越しいただければ 幸いです

http://sinnzyuku-chor-tam.jimdo.com/お知らせ/

 

見果てぬ夢

 投稿者:ローズ  投稿日:2012年 6月 2日(土)14時29分2秒
編集済
  昨日、ある音楽会で、生の松本幸四郎に出会えました。

幸四郎と言えば、当たり役の「勧進帳」弁慶で1000回、全国47都道府県制覇。
そんな代表的な名歌舞伎役者でありながら、ミュージカル・映画・ドラマなどでも
大活躍する方です。
70年ブロードウェイで「ラ・マンチャの男」、90年ウエストエンドで「王様と私」を
全編英語で単独主演。「ラ・マンチャの男」は今年8月で1200回を達成するとのこと。

音楽会の後半、司会者とのトークやオーケストラ(日フィル)の演奏が数曲あり、
いよいよ幸四郎が登場しました。「ラ・マンチャの男」より「見果てぬ夢」の演奏です。

やりを持ち、舞台にスッと立っただけで空気が一変!そして、歌が流れてびっくり!!
素晴らしくよく響き渡る声と優れた歌唱力、英語の言葉さばき。
そして、何よりも聴衆を惹きつけるものすごい力!
(ミュージカルを始めることになった頃、立川澄人に師事したそうです。)

彼は、トークの中で、
「私達は聴く人に感動や夢をあたえる事をしていますが、夢とは夢を叶えようとする
その人の心意気です!」「歌うというのは、声が素晴らしいことや技術が優れていることや
気持ちを込められることではない。
聴く人が一緒に歌いたくなるようなそんな歌を歌うことです。」と。
「一番大切なのは、耳です。」とも。

古希を迎えたとは思えない、若々しく、力強く、魅力にあふれた幸四郎でした。
私達には想像できない程の努力や精進を重ねてきて今がある名優の言葉は、ずっしりと
心に入り、友人たちと余韻に浸りながら帰りました。

「夢をかなえようとする心意気」は、27日(日)に開かれた「ムジカ声楽レッスン生のコンサート」
でも、沢山の方々に感じました。出演者の心意気は聴く人に感動を伴って伝わりました。
 

ロンドンデリーの気持ち

 投稿者:cheng  投稿日:2012年 5月17日(木)09時21分51秒
  今朝、息子が長期派遣で中国に出発しました。社会人二年目、応援する気持ちと留守宅が寂しくなる思いで、親としては複雑な心情になります。
これつて「ロンドンデリーの歌」と世界がちょっと近いかな?今度唄うと、新たな歌こころが出るのかな?
歌と生活のしみじみとした接点を感じています。
 

公開練習終わりました

 投稿者:TB  投稿日:2012年 4月20日(金)23時25分11秒
  水曜日は公開練習でした。慣れてきたとは言え、幹事としては「ほんとうに見学に来てくれるかなあ」とか「スムーズに運営できるかな?失礼がないかなあ?」といった不安を感じてました。しかし、当日は5名を見学にお迎えでき、良い雰囲気で終えることができましたので、ほっと一息です。
団員も、見学者を迎えて、いい緊張感があったようで、歌声もいつも以上に良かったです。
 

公開練習 4/18

 投稿者:アリス  投稿日:2012年 4月 2日(月)23時08分55秒
  みゆきんの幼なじみが入団なんてすごいですよね。

さて、くさぶえはまだまだ団員を募集していますよ~
そして「公開練習」をいたします。
ふるってお越しください。

日時 4/18 水曜日
会場はいつもと違います。
東京都新宿区四谷 三栄町生涯学習館の視聴覚室。
詳細はHPの最初のページをご覧ください。

皆様のご予約メールをお待ちしています。

この公開練習って?

合唱団くさぶえに興味を持っていただいた人に来ていただきたい!
どんな練習をあの時間内にしているのか、
どんな顔で、どの年代の人々がいるのか。
どんな曲を歌っているのか聴きたい。その練習方法は。
一緒に練習してみたい。
そんな方へのオープンな練習日の事です。もちろん無料です。

ほら、自分でもう他のコーラスに入ってるけど、あそこはどんな感じで
やってるのかな~と興味のある時。

まったく初心者で団の雰囲気を知りたいとき。

友達に誘われて見に行くことになった。とか。

経験者でその団のレベルをなんとなく判断したいとき。

もう入りたいけど、あと一歩のチャンスを待っていたとき。

など、動機は様々。
そして私たちは一緒に歌う仲間を募集中です!!!

http://www.konnyakuza.com/index.aspx

 

4月になりましたね

 投稿者:みゆきんたろう  投稿日:2012年 4月 2日(月)20時46分22秒
  こんばんは。4月になりました。大学の近くの桜も咲きだしました。今年度も始まりましたね。楽しみです。
私は今年でD3です。つまりくさぶえに入部して3年目になりました。今年度には大学院修了できるように頑張ります。くさぶえの練習も頑張るぞ。

さて、私の幼稚園からの友達もくさぶえに加入。嬉しいなぁ~。
頑張ろうねさ○ちゃん。皆様どうぞ、さ○ちゃん、私共度、末長くよろしくお願いいたします(●^o^●)
 

そうでしたー

 投稿者:アリス  投稿日:2012年 3月30日(金)13時37分5秒
  あ~、聞き逃していました。
マダムローズは偉いな~

いろんな情報を聴くとどんどんイメージが湧きますよね。
先日も、ドイツ近辺諸国の「秋」の話しを聞きましたね。
短い夏となが~い厳しい冬の間にある秋は、なんともその通過点のような期間。
暗く寒い冬を連想させるのですね。

その点日本は、味覚も情緒も自然もたっぷり楽しめていいよね~

練習中の「Abendlied」の訳は「夜の歌」→「ゆうべの歌」に変更になったよね。
ちがったらだれかフォローしてね~

 

ブラームスの合唱曲

 投稿者:ローズ  投稿日:2012年 3月30日(金)12時52分35秒
編集済
  以前、BWさんから「ラジオ番組でブラームスの合唱曲をやりますよ」という紹介がありましたね。
お聴きになった方も多くいらっしゃることでしょう。最近その録音を再び聴いてみました。
その番組の解説も録音してあったのでご参考になればと紹介します。

①「ドイツレクイエム作品45」から第一曲の「悲しんでいる人々は幸いである」

ブラームスの合唱曲では、はずせない代表的な曲です。ルターの訳によるドイツ語の聖書から
ブラームス自身が選んで、恩師シューマンの死と愛するお母さんの死がきっかけで
作曲したといわれています。カトリックの儀式のために作られたレクイエムではありません。
この曲はコンサートの代表的なレパートリーになっています。

② 四つの四重唱曲作品92から第一曲「おお美しい夜よ」

これはダウマーの詩で、空には月と星が輝き、地上では草の露がきらめき、
ナイチンゲールが泣いている、若者は恋人のもとに忍んで行く
というようなロマンチックな歌。
ヨーロッパでは、夜はとても恐ろしいもので、狼に食べられちゃったり
怖い悪魔が出てきたりと怖~いものだったのですが、
このロマン派の時代になると照明とかが普及したせいでしょうか、
夜が美しいもの、ロマンチックなものになっていくんですね。


私は「ブラームスの合唱曲」は、くさぶえで練習するまであまり馴染みがありませんでした。
ところがこうして改めて聴いてみると、私達はなんと素晴らしい曲(四つの四重唱奏曲作品92)
に出会えたことでしょう!
今苦戦しつつも素晴らしい指導を受け、練習できるということはとても幸運なのですね。

ブラームス関連の資料はもう少し、4日発行予定の機関誌に載り、「夕べの歌」に続き、
今度入る「晩秋」の資料「ドイツリートから秋に関する詩」数点も載りますよ~。

お楽しみに!それでは練習頑張りましょう!
 

レンタル掲示板
/39