teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:88/350 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

『いいね!』の世代、『いいね!』の時代

 投稿者:大湾節子  投稿日:2014年 4月20日(日)07時33分20秒
  通報
  こんにちは。
11回生A組の大湾節子です。

桜前線は日本列島を駆け足で通り過ぎ、これからは葉桜が美しい季節だと思います。
桜の花が咲くと、日本中そのニュースでいっぱいですが、葉っぱの方はいつも脇役です。

何だか不公平ですが、香りのいい「桜餅」は人気がありますね。
私の住んでいるガーディナの和菓子屋さんもこの時期だけ「桜餅」を用意します。
遅く行くと、いつも売り切れです。

先日はワシントンDCのポトマック川の桜の花が満開のニュースを放映していました。
「豪華、見事」という感じで、同じ花でも咲く場所によってまったく印象が違います。
昔の和歌で歌われたような趣のある桜のイメージは、やはり日本でしか味わえないようです。

4月下旬、日本中、色とりどりの春の花がどこもここも咲き誇っているでしょう。
そろそろゴールデン・ウィークも近づき、楽しい時期ですね。
ロス・アンジェルスは日照り続きで太陽がいっぱいですが、日に強いバラが次々と咲いて、小さな庭をにぎやかにしてくれます。

最近、ブログに『いいね!』というサインがつくようになりました。
慣れないカルチャーに戸惑いつつ、この歳になっても、『いいね!』の数や他人の評価に振り回されています。

『いいね!』の世代、『いいね!』の時代と題して、エッセイを載せました。
アメリカでは報道されていませんが、最近読んだ日本のニュースについても感じたことを書き加えました。

お時間がございますときに、ご笑覧下さい。

*『幻の旅路』 大湾節子、とご検索下さると、ブログが出てきます。

http://ameblo.jp/romantictravel

 
 
》記事一覧表示

新着順:88/350 《前のページ | 次のページ》
/350